2018/8/16 門別11R ブリーダーズゴールドカップの予想

豪華メンバーが勢ぞろい

今回予想するのは、門別の牝馬限定ダートグレードレース、ブリーダーズゴールドカップです。

出走馬は15頭。中央から5頭が参戦するほか、大井からも2頭が出走します。

重賞勝ち馬や、常連組がこぞって出走して、かなりの豪華メンバーになりましたね。

騎手の腕比べも楽しみ

馬の方も豪華ですが、騎手も豪華なメンバーになりましたね。

注目は、短期免許で中央に参戦中のモレイラ騎手、と言いたいところですが、個人的には、大井の御神本騎手が、大井で開催があるにもかかわらず、門別まで乗りに来ていることが大注目です。

記憶が定かではありませんが、御神本騎手が騎手免許を再取得してから、南関以外で乗るのはこれが初めてではないでしょうか。

南関ですら騎乗数を絞っている御神本騎手。

その御神本騎手がわざわざ門別まで乗りに来るというのは、予想の上でも大事なポイントになりそうです。

抜けた馬がいない混戦ムード

豪華なメンバーが揃ったものの、抜けた存在がいるわけではないレースです。

混戦ムードが漂ってますね。

こういうときは予想パターンの選択が難しいのですが、一応、パターン③でいきたいと思います。

勢いのある馬から入りたい

さて、早速軸馬ですが、

ハービンマオ

にしたいと思います。

前走の関東オークスは現地で観戦していましたが、力強い走りが印象的でした。

古馬の一線級との対戦はこれが初めてですが、前走勝ちの勢いを買いたいと思います。

以下、◯は前走ダート挑戦でいい走りを見せたデムーロ騎手のラビットラン、▲はダートグレードレースで安定した走りを続けているクイーンマンボ、△に御神本騎手参戦が不気味なブランシェクール、☆にこれも鞍上が魅力のフォンターナリーリ、注には男馬相手に門別三冠の最終戦・王冠賞を制したクロスウィンドとします。

買い目は例によって三連複フォーメーションで、

5.11.12-5.11.12-2.5.8.9.11.12の10通りでいきたいと思います。

いやあ、ホント騎手のメンツが豪華ですねえ。

いいレースを期待したいです。