【地方競馬予想】グランシャリオ門別スプリント(2020年7月2日 門別12R)

今日は私個人の話から。

7月1日から、職場の環境が大きく変わります。

そんなこともあって、今後、このブログをコンスタントに更新していけるか、わかりません。

もちろん、コンスタントに更新していきたいとは思っていますが、なんだかんだ言って、本業をおろそかにするわけにはいきません。

本業あっての趣味=競馬ですから。

更新頻度が減ったり、今でも薄っぺらい内容がさらに薄くなったりしたら、ああ、uskは本業が忙しいんだな、と思っていただければ幸いです。

スポンサーリンク

スーパースプリントシリーズ・グランシャリオ門別スプリント

さて、今回予想するのは門別の重賞・グランシャリオ門別スプリントです。

今回で6回目と、まだ創設されてから日の浅い重賞ですが、全国の地方競馬場を舞台に繰り広げられている、スーパースプリントシリーズのひとつとして位置づけられています。

スーパースプリントシリーズ2020【HOME】
スーパースプリントシリーズ2020特設サイト

このスーパースプリントシリーズ、最終戦が船橋の習志野きらっとスプリントです。

今年は7月22日に行われるのですが、このころくらいになったら、そろそろ観客を入れてもらえないですかねぇ。

やっぱり現地で競馬を見たいです・・・。

距離は1000m。

今年の出走は8頭と少頭数となりました。

出馬表はこちら

それでは予想です。

グランシャリオ門別スプリントの見解

uskの軸馬

⑤メイショウアイアン

もうこの馬で仕方ありませんね。

前走の北海道スプリントカップは見事なレースでした。

10歳馬という高齢馬ながら、馬齢を微塵も感じさせない素晴らしい走りでした。

今回、北海道スプリントカップよりも距離は200m短くなりますが、メイショウアイアンにとっては好都合。

そもそも、昨年のこのレースで、門別1000mのコースレコードを打ち出しているくらいですから。

充実度からいっても、昨年以上であろう今年。

メンバー的にも恵まれていて、なおかつ斤量が56キロと、この馬の実力からすれば軽量の部類。

大きく崩れる要素は皆無と言っていいです。

素直に相手探しをしたほうがいいでしょう。

コメント