【地方競馬予想】佐賀がばいダッシュ

梅雨の時期に入りました。

この時期の競馬は難しいですね。

馬場が刻々と変わり、傾向が読みづらい。

芝もダートもです。

ダートについて、最近の道悪競馬をみていると、

重と不良では全然違うな、

ということを思わされます。

よく、競馬では道悪というと、重と不良がごっちゃにされて、「道悪」と言われます。

でも、タイムをみていると、重と不良は全然傾向が変わってくるんですよね。

これはどの競馬場でも同じ。

詳しくはまた別の機会に述べたいと思いますが、ざっくり言うと、

重馬場は力がいるのに対し、不良馬場は力がいらない、

ということです。

ここでいう「力」とは馬の能力ではなくて、パワーのこと。

よく非力なタイプ、とか、パワータイプとか言われますが、その意味になります。

まあ、これについては機会を改めてお話しすることにしましょう。

スポンサーリンク

佐賀のスプリント戦 佐賀がばいダッシュ

さて、今回予想するのは佐賀のスプリント戦 佐賀がばいダッシュです。

がばいばあちゃんで全国区となった「がばい」という佐賀の方言が付けられたレース名。

900mというスプリント戦に集まったのは9頭。

出馬表はこちら

正直言って佐賀転入後負けなし10連勝中の

ドラゴンゲート確勝

のレースだと思います。

そもそも中央オープン馬ですし、地力が違いますよね、そりゃ。

ただ、ドラゴンゲートの相手探し、という点ではかなり難解な一戦。

スプリント戦特有の「紛れ」も想定したいですね。

佐賀がばいダッシュの見解

uskの軸馬ヒモ

⑧エリザベスセーラ

紛れがありそうといっておきながら、2番人気になってしまいそうなエリザベスセーラをヒモ筆頭に挙げました。

まあ、ドラゴンゲートの相手としては実績的にもエリザベスセーラでしょう。

佐賀900mは、6回走って[2.3.0.1]と好成績。

近走は成績が奮いませんが、得意の距離に戻ればドラゴンゲート以外の馬との力は歴然。

というより、他が900mでは頼りない馬ばかり。

1400mなら、他の馬もまだ巻き返せる余地があるとは思うんですが。

エリザベスセーラが佐賀生え抜きの馬としてドラゴンゲートにどこまで食い下がれるか。

ここは少しでも意地を見せてもらいたいですね。

コメント