【地方競馬予想】エメラルドカップ(2020年5月28日 浦和11R)

いろいろあった5月ももう終わりが近づいてきました。

寒くなったり、暑くなったり、体調を崩しやすい気候が続いています。

加えて、今年はコロナウイルスも気にしなければなりません。

体調も大事ですが、心の調子を整えるのも大事ですね。

いろいろ制約が多い中ではありますが、競馬を中心に日々を楽しく過ごしたいものです。

スポンサーリンク

浦和の2000m戦・エメラルドカップ

さて、今日予想するのは浦和の2000m戦・エメラルドカップ

A2下選抜馬による一戦です。

好メンバーが揃いましたね。

今開催の浦和は出走馬が充実している気がします。

出馬表はこちらです。

それではさっそく軸馬です。

エメラルドカップ uskの軸馬

⑦ワグナーコーヴ


3歳時から期待されてきた馬なんですが、今一つブレイクしませんでした。

ただ、ここにきて成績が安定してきました。

特に左回り、かつ2000m前後。

相変わらずの逃げ一手ではありますが、型にはまれば重賞級の力はあります。

今回のレース条件は、ワグナーコーヴの好走条件にぴったりです。

57キロという斤量だけが気になりますが、実力だけでいえば、1枚も2枚も上。

そして今回は水野翔騎手が騎乗。

水野騎手は現在、期間限定騎乗中の笠松の騎手。

言葉で表すのが難しいのですが、ソツがないというか、落ち着いているというか、とにかく非凡な騎乗ぶり。

このまま南関に居続けたら、近い将来リーディング争いをするでしょうね。

笠松に帰すのがもったいないくらいの若武者です。

そんな水野騎手の騎乗にも期待して、軸にしてみることにしました。

コメント