【地方競馬予想】プリモローズ賞(2020年5月26日 浦和11R)

オークスのデアリングタクト、強かったですねぇ。

無敗の牝馬二冠ですか。

素晴らしいの一言です。

しかも、大牧場生産じゃないっていうところがいいじゃないですか。

たまには、ノーザンとか社台とかじゃない牧場の生産馬がスターになってもいいと思います。

デアリングタクトは牝馬とは思えないたくましい馬体

このまま何事もなく成長してくれれば、歴史的名馬になりそうな予感がします。

まあ、すでに64年ぶりの無敗2冠馬ですから、歴史的名馬ですがね。

スポンサーリンク

浦和の1400m戦・プリモローズ賞

さて、大井開催が終わった南関は、浦和開催に移ります。

今開催はダートグレードレース・さきたま杯が組まれています。

さきたま杯の予想は後ほど行うとして、先に火曜日のメイン、プリモローズ賞を予想しましょう。

距離はさきたま杯と同じ1400m。

出走は9頭。

出馬表はこちら

なかなか骨のあるメンバーが揃いましたね。

プリモローズ賞 uskの軸馬

④スマートドレイク


目下、川崎と浦和の1500m戦を2連勝中ですが、今回は約4か月の休み明け。

その4か月前の前走・新春賞が圧巻の内容。

地方競馬ライブ

倒した相手も、2着のフランシスコダイゴをはじめ、なかなかの好メンバーでした。

中央1勝クラスから転入後、鳴かず飛ばずの成績だったんですが、覚醒した感があります。

ここをステップに飛躍してほしい一頭です。

コメント