2018/8/3 大井9R サンケイスポーツ賞の予想

帝王の記録達成は?

今週の競馬界の最大の注目であった、大井の帝王・的場文男騎手の地方通算勝利新記録ですが、この記事を書いている8/2の20時時点でまだ達成されていません。

今日の5Rと6Rがかなり有力かと思いましたが、勝てませんでしたね。

まあ、これであっさり勝ってしまったら、八百長だのなんだの騒ぐツマンナイ輩がいたでしょうから、ある意味良かったと思います。

文男さん自身もそんな記録達成は望んでいないでしょうからね。

そんなわけで、記録達成は明日金曜日に持ち越しとなりそうです。

大井開催最終日のメイン

そんな大井の帝王の大記録がかかる大井最終日のメインはB3クラスの1800m戦、サンケイスポーツ賞です。

出走は12頭になります。

メインレースにもかかわらず11Rでないのは、昼間に浦和開催があるから。

すなわち、明日は浦和と大井のリレー開催というわけですね。

となると、南関の騎手が大井と浦和に分散しますから、文男さんも勝ちやすい環境になるのではないでしょうか。

差し馬を狙いたい

さて、今週の大井開催を見てみると、差し馬が全体的に台頭している感じがあります。

なんででしょうかね。

今週は特に暑いので、馬も騎手も、最初から飛ばす馬はバテてしまうのかもしれません。

そんな暑さが金曜日も続きそうですから、やっぱり差し馬を中心に狙いを定めたいと思います。

謎のローテーションながら、本命はこの馬

さて、出走各馬を見渡したとき、ちょっと目を引いたのは、前走金沢のサマルカンドブルーです。

サマルカンドブルーの前走は金沢のごくごく普通の特別レース。

大井で実績のある馬ですから、当然圧倒的な1番人気です。

しかしながら、結果は最下位の10着。

不可解なレースですね。

こういう圧倒的1番人気に推されていながら、不可解な負けを喫した馬は、次のレースで狙うのが鉄則です。

しかも前走手綱を取ったのは、きな臭い噂の絶えない吉原寛人騎手。

今回は南関のNo. 1ジョッキー、森泰斗騎手です。

これは買い要素しかありませんね。

というわけで、若干邪道な予想であることは承知の上で、

サマルカンドブルー

を本命に推したいと思います。

相手は少し穴狙いで

さて、相手関係ですが、3頭を推したいと思います。

1頭は差し馬ではないものの、成績が安定して、軸ならこっちの方がいいのではと思ってしまう、矢野騎手のパパドプロス。

もう1頭はやや怪しい大敗が続いていたものの、騎手が変わった途端に見違えるような動きのアイアムヒラケゴマ。

そして、我らが地方競馬の至宝かつ大井の帝王、的場文男騎手騎乗のアゼリアを相手に取りたいと思います。

買い目は馬複で9から1.3.5へ流します。

で、帝王の記録達成は?

さて、このレースはいいんですが、肝心の大井の帝王の記録達成が気になります。

私は先述した通り、金曜日ではないかと思いますが、金曜日の大井だと、6Rが確勝級だと思います。

それまでに勝てるかどうか、ですね!

勝ってほしいですね!

いや、勝ってくれますよ、きっと!