【地方競馬予想】スパーキングナイトチャレンジ(2020年4月14日 川崎11R)

緊急事態宣言が出てからというもの、ホント娯楽がなくて、ついついTwitterばかり見てしまいます。

ただ、Twitterも政府の対応への批判だとかばかりで、なんか殺伐としています。

心まで荒まないように、残された唯一の娯楽、競馬を楽しむことにしましょう。

競馬が行われていて、本当に良かったです。

スポンサーリンク

準重賞・スパーキングナイトチャレンジ

さて、今回予想するのは川崎の火曜日のメイン、スパーキングナイトチャレンジ。

川崎マイラーズのトライアルレースの準重賞です。

距離は本番と同じ1600m。

今回の出走は11頭。

出馬表はこちら

楽しみなメンバーが揃いましたね。

特に注目はカジノフォンテン

南関でもっとも注目を浴びている一頭といっても過言ではありません。

とにかく勝ち方が衝撃的。

母はかつて上山でデビューし、かつて南関で大活躍したジーナフォンテン。

そういう意味でも注目の一頭です。

果たしてどんなレースを見せてくれるのでしょうか。

早速、レースを分析していきましょう。

川崎1600mの傾向

川崎1600mは下級条件から上級条件まで幅広く使われるコース。

データも十分蓄積されています。

過去にも川崎1600mのデータ分析はしたことがありますが、本番の川崎マイラーズでも使えるように、ここで一度2019年データで整理をしてみることにしましょう。

馬番×脚質

馬番 勝率 連対率 複勝率
1-7 8.9% 19.5% 28.5%
逃げ 19.3% 31.8% 40.9%
先行 11.4% 34.3% 43.4%
差し 7.5% 14.9% 25.5%
追込 2.5% 4.5% 10.8%
8-14 8.8% 15.0% 23.5%
逃げ 25.0% 34.4% 45.3%
先行 12.9% 19.8% 26.7%
差し 4.1% 11.1% 22.2%
追込 0.0% 1.2% 4.8%
総計 8.8% 17.7% 26.5%

川崎は一般的に内枠有利と言われていますが、このデータを見る限りではそこまで極端な感じはしないですね。

ちなみに馬番別の勝率・連対率・複勝率を見てみると、

馬番 勝率 連対率 複勝率
1 7.4% 18.1% 26.6%
2 13.4% 26.8% 33.0%
3 8.3% 22.9% 37.5%
4 11.5% 20.8% 26.0%
5 6.3% 10.4% 24.0%
6 6.4% 19.1% 25.5%
7 8.6% 18.3% 26.9%
8 4.4% 12.2% 17.8%
9 9.0% 18.0% 29.2%
10 13.0% 18.2% 29.9%
11 9.1% 18.2% 25.8%
12 6.1% 8.2% 14.3%
13 13.2% 15.8% 23.7%
14 8.0% 8.0% 16.0%

という感じ。やや内枠が有利と言ったところでしょうか。

ただ、1枠1番はあまり好成績とは言えません。

騎手(騎乗回数10回以上)

勝率順 騎手名 騎乗数 勝率 連対率 複勝率
1 森泰斗 60 26.7% 40.0% 48.3%
2 矢野貴之 54 22.2% 40.7% 51.9%
3 左海誠二 28 21.4% 32.1% 32.1%
4 福原杏 10 20.0% 30.0% 50.0%
5 真島大輔 37 18.9% 37.8% 45.9%
6 瀧川寿希 11 18.2% 18.2% 27.3%
7 岡村健司 12 16.7% 25.0% 25.0%
8 御神本訓 31 16.1% 25.8% 32.3%
9 吉原寛人 25 16.0% 24.0% 32.0%
10 山崎誠士 68 13.2% 22.1% 39.7%

6位に懐かしい人の名前が・・・。

もう彼の騎乗を見ることはできないのでしょうか。

今からでも更生して、復活してくれないかなぁ、と密かに思っています。

種牡馬(産駒の出走回数10回以上)

順位 種牡馬名 出走回数 勝率 連対率 複勝率
1 ハードスパン 10 30.0% 60.0% 80.0%
2 エスポワールシチー 15 26.7% 40.0% 40.0%
3 カジノドライヴ 16 25.0% 37.5% 37.5%
4 タイキシャトル 15 20.0% 20.0% 33.3%
5 ハーツクライ 10 20.0% 20.0% 20.0%
6 キンシャサノキセキ 11 18.2% 27.3% 45.5%
7 タートルボウル 11 18.2% 18.2% 18.2%
8 アグネスデジタル 12 16.7% 25.0% 33.3%
9 エイシンフラッシュ 12 16.7% 33.3% 33.3%
10 ヘニーヒューズ 12 16.7% 33.3% 33.3%

全体的に出走回数が少ない=母数が少ないので、信用たる数字ではないですね・・・。

きゅう舎(管理馬の出走回数10回以上)

順位 きゅう舎 出走回数 勝率 連対率 複勝率
1 小久保智 52 21.2% 32.7% 46.2%
2 佐藤賢二 11 18.2% 36.4% 36.4%
3 池田孝 11 18.2% 18.2% 18.2%
4 田島寿一 12 16.7% 25.0% 33.3%
5 加藤誠一 25 16.0% 28.0% 28.0%
6 高月賢一 45 15.6% 31.1% 48.9%
7 鈴木義久 28 14.3% 25.0% 35.7%
8 平山真希 16 12.5% 25.0% 31.3%
9 林隆之 16 12.5% 25.0% 31.3%
10 八木正喜 18 11.1% 16.7% 27.8%

圧倒的な出走回数を誇りながら、驚異の勝率を誇る小久保厩舎

浦和のきゅう舎なのに川崎勢を抑えてこの成績は凄いですね。

参考レース

伊勢海老特別(4/3 船橋1700m)

地方競馬ライブ

クラトリガーはあいかわらずの直線大外一気。

このときも3着にあわや、という競馬でした。

川崎では同じような芸当がなかなかしづらいと思いますが、どうでしょうか・・・。

行っちゃう?愛川記念(2019/11/18 川崎1600m)

地方競馬ライブ

敢えて直近のカジノフォンテンのレースではなく、今回と同じコースで行われた昨年11月のレースを挙げてみました。

スタート直後から両サイドの馬にぶつけられるカジノフォンテン。

しかしひるむことなくスーッと前に出ていきます。

モンサンアルナイルを前に行かせて、向こう正面へ。

進出し始めたのは3コーナーの手前。

動き出してからはスーッと前に出ていきました。

もう4コーナーからは後続を離す一方。

圧倒的なレースぶりを見せました。

忘れ雪賞(3/2 川崎1400m)

地方競馬ライブ

山崎騎手の位置取りは素晴らしいですね。

外から上がっていく馬がいても、動じることなくインの3番手をキープ。

直線で前が空いたところを力強く伸びてきました。

鞍上のスムーズな手綱さばきも見事ですが、カジノシップの力強い走りも印象的でした。

啓蟄特別(3/5 川崎1500m)

地方競馬ライブ

直線でうまいことインを取ったブースター。

ザ・川崎の勝ちパターンという山林堂騎手の乗り方です。

直線では内から3頭目の位置に出して、力強く伸びてきました。

ちなみにインから伸びてきたのがエンパイアミライ。

先述の伊勢海老特別で勝った馬です。

単純な力関係でいえば、このメンバー内でもブースターは能力上位と見ていいでしょう。

スパーキングナイトチャレンジの推奨馬

カジノフォンテンの川崎マイルの勝ちタイムは1.41.3(良)

これは一昨年の川崎マイラーズにおける、ウェイトアンドシーの勝ちタイムと同タイム。

すでにオープンクラスのタイムです。

今回のメンバーは、A2B1クラスの中ではかなり骨っぽいメンバーではありますが、オープンクラスに匹敵するとまではいかないレベルのメンバー。

カジノフォンテンの力は抜けています。

あとはカジノフォンテン自身に不安要素がないかどうか。

まず、川崎マイルで勝ち鞍を挙げていますから、コース面には不安はありませんね。

馬場状態に関しても、不良馬場から良馬場までソツなくこなしています。

あとはレース間隔でしょうか。

今回は中17週ということで、だいぶ間隔が開きました。

しかしながら、昨年の東京ダービーから復帰戦の10/30立冬特別まで、約5ヶ月開いていて、その復帰戦を圧勝したことを考えれば、鉄砲でも十分走れる馬だということがわかります。

当日のパドックの気配が相当悪そうに見える、とかそういうことがなければ、

④カジノフォンテン

で鉄板です。

頭で穴狙いに行くのは無謀なレベル。

単勝1倍台前半は間違い無いでしょう。

相手も素直に絞れるレース。

こういうレースは点数を絞って大きくいきたいところですね。

コメント

  1. […] 【地方競馬予想】スパーキングナイトチャレンジ(2020年4月14日 川崎11R)緊急事態宣言が出てからというもの、ホント娯楽がなくて、ついついTwitterばかり見てしまいます。ただ、Twitterも政 […]

  2. […] 【地方競馬予想】スパーキングナイトチャレンジ(2020年4月14日 川崎11R)緊急事態宣言が出てからというもの、ホント娯楽がなくて、ついついTwitterばかり見てしまいます。ただ、Twitterも政 […]