2018/7/27 園田11R 兵庫サマークイーン賞の予想

スポンサーリンク

実績馬に信頼が置けないレース

園田競馬のナイター「その金ナイター」ですが、だいぶ定着してきた感じがします。

実際に「その金ナイター」の現地に行ったことはないので、現地での盛り上がりっぷりはわかりませんが、週末にナイターをやるという発想は、とても素晴らしいと思います。

さて、そんな「その金ナイター」で行われる牝馬限定重賞・兵庫サマークイーン賞の予想です。

他地区からも多くの参戦があり、それだけに難解なレースと言えるでしょう。

そしてさらに、今回のメンバーを見ると、実績馬はいるものの、その馬に信頼が置けない要素が多々あります。

たとえば、南関から参戦、しかも森泰斗騎手が乗りに来るステップオブダンス。

交流重賞でも中央馬相手にわたり合ってきましたので、このメンバーなら格が一枚上だと思いますが、前走から約5か月の休み明けになります。

わざわざ遠征していて、なおかつ南関のトップジョッキーを配してきたのは、勝負がかりと受け取ることもできますが、これだけ間隔が空いたことは、ちょーっと不安です。

他にもナナヨンハーバー、ディアマルコなど、有名な実績馬もいますが、全部難癖がついている感じです。

こういうときは過去の実績にとらわれないで予想したいですね。

前走を分析する

とはいえ、過去のレースから相手関係は確認したいものです。

今回の出走メンバーを見ると、前走で「姫路さぎ草特別」に出走した馬が何頭かいます。また、「小野ひまわり特別」に出走している馬も複数頭います。

で、その2つのレースを観てみたのですが、正直言って、ピンときませんでした。

どちらのレースも勝ち馬はいい競馬をしていたのですが、今回出走しているメンバーは大勢が決したあとに、追い込んできたりしているようなレースぶりばかり。

強いて評価するならば、小野ひまわり特別に出走したクイントゥーブルくらいでしょうか。

この2レースに出走した馬は、思い切って、切ってしまうのもありかもしれません。

本命は名手が騎乗するこの馬

で、予想がとても難しいレースなのですが、本命は

アクアレジーナ

としました。

この馬、まだ1勝しかしていない馬なのですが、重賞で連続して2着に入っており、実力はバッチリ。

勝ちきれないところは不安材料であるものの、逆に堅実なので、軸にはしやすいかな、と思っています。

名手・吉原騎手が騎乗で1番枠というのも心強いですね。

相手は手広く

相手ですが、前走いい追い込みを見せたクイントゥープル。距離に若干の不安はありつつも前走もいいレース運びをしたショウサンルヴィア、近走すぐれませんが、ステップオブダンス、復活に期待してナナヨンハーバーを推したいと思います。

買い目は、馬複で1から5.6.8.12で。