【地方競馬予想】かながわグルメフェスタ2020in厚木杯(2020年1月27日 川崎11R)

普段、B2・B3クラスのレース予想はブログにアップしていないんですが、今回はレースにかこつけて書きたいことがいくつかあるので、敢えて下級クラスのレース予想を掲載します。

月曜日川崎のメイン、かながわグルメフェスタ2020in厚木杯

距離は1500m。

出走は14頭です。

スポンサーリンク

ミカエル・ミシェル騎手が来日

さて、このレースにかこつけて書きたかったことのひとつめは、ミカエル・ミシェル騎手について。

昨年8月のJRA・ワールドオールスタージョッキーズで旋風を巻き起こした彼女。

本人も日本が気に入ったようで、JRAの通年免許を目指して、日本語の特訓にも励んでいるようです。

その足掛かりとして、今回NRAの短期免許を取得。

川崎・山崎裕也きゅう舎所属として、1月27日から3月31日まで南関で騎乗します。

ミシェル騎手、地方競馬に参戦/デイリースポーツ online
 地方競馬の短期免許を取得したフランス人女性、ミカエル・ミシェル騎手(24)が25日、川崎競馬場で記者会見し「最後の直線で激しく争うのが好き。早く騎乗したい。待ち遠しい」と笑顔いっぱいに抱負を語った。 川崎競馬の山崎裕也厩舎所属で、27日の川崎を皮切りに3月31日まで南関東4競馬場を中心に騎乗。2月は高知、佐賀、3月は...

来日早々、メディアが相次いで取り上げるなど、話題性は抜群です。

27日の初日は5鞍に騎乗。

騎乗馬のラインナップを見ると、なかなかいい馬をあてがわれていますね。

まずはお手並み拝見と言ったところでしょうか。

さらに、ミカエル・ミシェル騎手は今年のLVR2020に緊急参戦することも発表されました。

美し過ぎる騎手ミシェルが川崎で会見 即席ファッションショーも/デイリースポーツ online
 27日から川崎競馬で騎乗する“美し過ぎる女性騎手”ミカエル・ミシェル騎手(24)=フランス=が25日、川崎競馬場で会見に臨んだ。 白いブラウスに黒めのミニスカート。シンプルなトーンコーデを身につけたミシェルが、黒山の報道陣の前に現れた。絶え間なくたかれるフラッシュの嵐にも動じず、「いいパフォーマンスで、日本のファンの...

まあ、緊急参戦と言っときながら、早速ミシェル騎手が入ったポスターが掲出されているところを見ると、LVR参戦が今回のNRA免許取得の一条件になっていたのではないかと勘繰ってしまいます。

とはいえ、参戦すること自体はウェルカム

最近、女性騎手が少なくて盛り上がりを欠いていたLVRですが、新人で岩手の関本玲花騎手や、同じく新人で浦和の中島良美騎手が参戦。

さらに長期療養から復活を遂げた佐賀の岩永千明騎手も参戦して、さらにミシェル騎手と、がぜん注目度が増してきました。

これを機に、LVR、そして地方競馬に脚光が当たるようになってくれると、ミシェル騎手が来てくれた甲斐があるというものです。

現役最高齢騎手・森下博騎手が引退を発表

そんな明るい話題にあふれる地方競馬、特に川崎競馬に、寂しいニュースが飛び込んできました。

現役最高齢騎手・森下博騎手が騎手免許を更新せず、3月31日をもって引退することが発表されました。

ネット上では早くからうわさにはなっていましたので、「やっぱり・・・」という感想にはなりますが、寂しいものは寂しいですね。

最後にトキノパイレーツとコンビを組んでくれないでしょうか・・・。

そして、森下騎手の引退によって、現役最高齢は我らが大井の帝王・的場文男騎手に。

的場騎手の方はというと、先週の大井開催でも4勝を挙げて健在ぶりをアピール(?)しています。

ていうか、本来この寒い時期は苦手なはずの的場騎手

それなのに4勝って・・・。

さすがの一言です。

的場文男騎手には、森下騎手の分まで、長く現役を続けてもらいたいですね。

そして、今年こそは東京ダービーを・・・。

かながわグルメフェスタ2020in厚木杯の結論

さて、本題に戻りまして、かながわグルメフェスタ2020in厚木杯の予想です。

このレースにも、早速ミシェル騎手が騎乗していますね。

しかもキャロットファームのなかなかの素質馬

存在感を示すのには絶好の機会だとは思います。

・・・が、しかし。

大外14番枠をあてがわれてしまいました。

コーナーがタイトな川崎競馬場は、説明するまでもなく、極端な内枠先行有利競馬場です。

よほど馬の力が抜けていないと大外枠から馬券圏内に持ってくるのは至難の業

逆にここで馬券圏内に持ってくれば、ミシェル騎手の評価はうなぎのぼりでしょうね。

南関の騎手たちは優しいので、そんなお膳立てをしてあげそうな気もしなくはないですが。

ただ、ここはセオリー通り予想してみたいと思います。

かながわグルメフェスタ2020in厚木杯の推奨馬は、

②オールザベスト

です。

正直、①アップドラフトと④リュウノセンターで悩みました。

その中でオールザベストを推奨する決め手となったのは、前走の勝ちタイム。

川崎1500mを1.33.9このクラスとしては破格です。

もともと門別や岩手競馬で活躍していたオールザベスト。

岩手では重賞も勝っています。

川崎に来てからは目立った成績を収めていませんでしたが、ここにきて水に慣れたのか急上昇カーブを描いています。

ここもすんなり勝てるようならば、上のクラスに行っても面白い存在になるのではないでしょうか。

鞍上は乗り替わりで笹川翼騎手ですが、信頼のおける騎手なので問題ないでしょう。

ミシェル騎手をすんなり勝たせるようなことは、彼ならばありません。

川崎競馬好走の鉄則、内枠を引いたこともプラスですね。

コメント