【地方競馬予想】船橋記念(2020年1月8日 船橋11R)

スポンサーリンク

お正月休み明けの南関は船橋開催

船橋は昨年から通年ナイターとなりました。

なので、今開催もナイター開催です。

ただ、気を付けておきたいのは発走時刻

ナイターというと、どうしてもメインレースが20時頃をイメージしがち。

ところが、厳寒期ということも考慮されて、発走時刻がおおよそ1時間程度前倒しになっています。

今回予想する船橋記念も、発走時刻は19時15分です。

お間違いのないよう、ご注意ください。

船橋記念の出馬表はこちら → 出馬表

スポンサーリンク

参考レース

12/25 ゴールドカップ(浦和1400m)

地方競馬ライブ

必勝態勢と思われたノブワイルド

それを無情にも差し切ったのは同厩舎のブルドッグボス

もしこのレースをノブワイルドが制していたら、今回は出走してこなかったはず。

負けたから出走してきた、と考えると・・・。

12/12 カムイユカラスプリント(船橋1000m)

地方競馬ライブ

このレースを観てしまうと、

キャンドルグラスで仕方ないよね・・・

という気分になりますね。

2着ラブミークンとは、今回も斤量差がありませんし。

斤量面で考えるならば、むしろ2キロ軽い4着ナガタブラックのほうに馬券的な妙味があるかもしれません。

7/17 習志野きらっとスプリント(船橋1000m)

地方競馬ライブ

うーん、このレースを観ると

ノブワイルドかなぁ、

と思ってしまいますね。

意外と、と言ったら失礼かもしれませんが、味のある競馬を見せたのはロマンコスモ

まあ、とはいえ、上位とは力の差が歴然としていますが・・・。

船橋記念の推奨馬

ノブワイルドとキャンドルグラスの一騎打ち

という見方でいいでしょう。

昨年の習志野きらっとスプリントにおける

ノブワイルドとアピア

の関係、と言ってもいいかもしれません。

騎手も、左海誠二騎手御神本訓史騎手ですからね。

ただ、あのときは、ノブワイルドが前走の川崎スプリント戦で3着に敗れていました。

それゆえ、ノブワイルドのスプリント能力に懐疑的な目がありました。

そして、アピアのスプリント能力は絶対的、というような見方がありました。

したがってアピアが優勢で、アピアに挑むノブワイルドという構図でした。

でも結果は真逆

決して悪いレースをしたわけではないアピアをものの見事に振り切ったのはノブワイルドでした。

じゃあ、今回はどうか、と。

ノブワイルドのスプリント対応力は証明済み。

どちらかというと受けて立つ立場なのはノブワイルドの方です。

一方、キャンドルグラスの方は1200mや1400mで使われてきて、前走が初の1000m。

それを快勝したわけですから、まだスプリントでは底を見せていない印象。

つまりは、ノブワイルドにキャンドルグラスが挑む形と言えるでしょう。

さあ、そうなったときにどちらが有利か。

これは

挑む側のキャンドルグラスの方が有利

でしょう。

追う立場より、追われる立場のほうが厳しいというのは、どの世界でも同じ。

くしくも前に行くノブワイルドに対して、中団より前目で先行するキャンドルグラスという脚質。

ですから、ノブワイルドをマークする形になるのはキャンドルグラスのほうです。

というわけで、今年の船橋記念の推奨馬は、

⑥キャンドルグラス

で決まりです。

御神本騎手の調子がやや右肩下がりになってきているのは気がかり。

ですが、ノブワイルドがどういう走りをするか、これまでの対戦を踏まえて、当然頭に入れたうえで乗ってくるでしょう。

このあたりは御神本騎手だからこそできる芸当

御神本ファンの僕としては、どうしてもひいき目で見てしまいますが、本人も得意と言っている船橋コース。

ここは安心して任せられると思います。

コメント