2018/7/22 盛岡12R ハヤテスプリントの予想

スポンサーリンク

きわめて難解なスプリント戦

日曜日に開催される盛岡の3歳限定スプリント戦、ハヤテスプリント。

今年は10頭が出走してきました。

出馬表を見ると、かなり難解な力関係に見えます。

他地区からの参戦がレースを難解にしている

なぜ、難解なメンバーなんでしょうか。

その要因の一つに、他地区からの参戦という点が挙げられると思います。

今回の出走メンバー10頭中4頭が他地区の馬なんですよね。

しかもその他地区からの参戦組も、抜けた存在と言える馬がいません。

これがレース予想をややこしくしているものと思われます。

そうはいっても南関でしょ

他地区のメンバーのうち、一応実績最上位は、浦和から参戦のコスモウーノでしょうか。それとも前々走でコスモウーノを下しているアヴァレーソでしょうか。

いずれにしても、南関の馬が中心になりそうです。

ただ、コスモウーノにしても、アヴァレーソにしても、あまりこれいといった決め手はなくて、むしろコスモウーノは勝ちきれない、アヴァレーソは1200mでも距離が長そう、というマイナス要素があります。

大井のラブバインドは近走、あまりにも成績が悪すぎます。

困ったときは門別の馬

残る他地区の一頭は、門別のダモンデです。

この馬、南関でも走ったり、中距離路線にいったり、やや迷走感がなくはないですが、1200mという距離に関しては、全4勝のうち3勝を挙げていますから、この条件はピッタリかと思います。

地元勢は?

一方地元勢はというと、これといった実績のある馬がいない、というのが正直なところ。

一応、門別出身で、岩手転入後は掲示板を外さない、堅実な走りを見せているスターギアが中心でしょうか。

そのほかは、これといった特筆すべき実績を持っていない馬ばかり、という状況です。

ダモンデ一択でしょうがない

というわけで、難解なレースとは思いますけれども、本命としてあげたいのは、1200mに若干アドバンテージがありそうな、

ダモンデ

でしょうがないと思います。

馬券戦略ですが、ダモンデからやや手広く流し、南関勢2騎、コスモウーノとアヴァレーソ。それから地元勢ではスターギア、盛岡1200m実績があるダンストンラソの4頭としたいと思います。

馬券は馬単で6→3.4.7.8とします。