【地方競馬予想】冬木立賞(2019年12月3日 大井11R)

いよいよ2019年も12月に入りました。

12月は地方競馬の注目レースが目白押し。

特に年末にかけては重賞レースだらけの毎日です。

そんな忙しい、まさに師走の地方競馬の最初の週の南関は大井開催

火曜日のメインは冬木立賞。

1000mのスプリント戦です。

早速、分析から入りましょう。

スポンサーリンク

大井1000mの特徴

このブログでは、これまでいろいろな競馬場の各コースを分析してきました。

ところが、大井1000mは未だかつて分析したことがありません(たぶん)。

そもそも施行回数が少ないコースですからね。

というわけで、今回は大井1000mの特徴から分析していくことにしましょう。

枠×脚質成績

  勝率 連対率 複勝率
1-7 10.2% 20.7% 32.1%
逃げ 38.8% 59.2% 75.5%
先行 14.9% 29.8% 45.7%
差し 3.9% 11.7% 24.7%
追込 1.1% 6.3% 8.4%
8-14 11.4% 22.2% 30.4%
逃げ 36.0% 56.0% 72.0%
先行 13.7% 37.3% 49.0%
差し 4.2% 4.2% 8.3%
追込 0.0% 0.0% 2.9%

内・外で大きな差はないですが、短距離ということもあり、圧倒的に逃げ有利です。

騎手成績(騎乗回数10回以上)

勝率順 騎手名 騎乗回数 勝率 連対率 複勝率
1 真島大輔 19 26.3% 31.6% 57.9%
2 御神本訓 15 20.0% 46.7% 80.0%
3 森泰斗  21 19.0% 33.3% 38.1%
4 矢野貴之 38 18.4% 31.6% 47.4%
5 高野誠毅 11 18.2% 36.4% 45.5%
6 笹川翼  28 17.9% 39.3% 50.0%
7 達城龍次 19 15.8% 21.1% 36.8%
8 的場文男 15 13.3% 20.0% 26.7%
9 藤本現暉 10 10.0% 20.0% 20.0%
9 柏木健宏 10 10.0% 10.0% 10.0%

上位はだいたいリーディング上位の騎手。

ただ、リーディング上位ではない髙野騎手が食い込んでいるのは注目ですね。

種牡馬成績(産駒の出走回数5回以上)

勝率順 種牡馬名 出走回数 勝率 連対率 複勝率
1 スウェプトオーヴァーボード 13 38.5% 61.5% 76.9%
2 フレンチデピュティ 8 37.5% 37.5% 50.0%
3 ベーカバド 8 37.5% 37.5% 62.5%
4 ヘニーヒューズ 11 36.4% 45.5% 54.5%
5 クーリンガー 6 33.3% 50.0% 50.0%
6 ケイムホーム 8 25.0% 37.5% 50.0%
7 アドマイヤマックス 5 20.0% 40.0% 60.0%
8 クロフネ 5 20.0% 20.0% 20.0%
9 ゼンノロブロイ 5 20.0% 20.0% 40.0%
10 トーセンブライト 5 20.0% 40.0% 40.0%

こちらもサンプル数が少ないデータではありますが、上位に食い込んでいるのは短距離馬をよく輩出している種牡馬。

そんな中で異彩を放っているのがクーリンガー。

確か、葦毛で、和田竜二騎手とコンビを組んでいましたよね。

懐かしいです。

調教師成績

勝率順 調教師名 出走回数 勝率 連対率 複勝率
1 佐宗応和 14 28.6% 42.9% 57.1%
2 荒山勝徳 11 27.3% 45.5% 63.6%
3 蛯名雄太 13 23.1% 30.8% 30.8%
4 福永敏  23 21.7% 43.5% 60.9%
5 久保与造 10 20.0% 30.0% 40.0%
5 宗形竹見 10 20.0% 30.0% 40.0%
5 的場直之 10 20.0% 40.0% 40.0%
8 中道啓二 11 18.2% 27.3% 27.3%
9 渡辺和雄 26 15.4% 19.2% 42.3%
9 佐野謙二 13 15.4% 30.8% 30.8%

このデータ上では1位になっている佐宗厩舎。

2019年11月28日時点の南関リーディングは46位と決して高くありませんが、この条件ではトップです。

この辺りも注意してみていきたい要素です。

基準タイム

こちらのデータを参考にしましょう。

大井競馬場 クラス別平均勝ちタイム一覧
2016年から2019年6月28日までのデータに基づき、大井競馬場における距離別×クラス別×馬場状態別の平均勝ちタイムを算出してみました。 データの見方は「1128」とあれば「1分12秒8」というこ...

参考レース

11/20 トパーズスプリント(川崎900m)

地方競馬ライブ

このレースで2着に来たフランシスコダイゴ。

中央3勝クラスの実績馬です。

ただ、出脚がつきませんでしたね。

そのせいで、道中、変な脚の使い方をしました。

出脚がつかなかったわりに、2着に粘っているので、実力はあると思いますが・・・。

11/13 千代田区賞(大井1200m)

地方競馬ライブ

このレース5着だったキャプテンハウテン

スタートダッシュよくハナを切り、直線残り100mまでは先頭をキープしました。

このときが1200m。

今回が1000m。

このレース内容なら1000mあたりがちょうどいいと言えますが・・・。

8/16 流星賞(大井1000m)

地方競馬ライブ

大井1000mで行われたレースなので、今回のレースとも一番関係性が深いレースと言えるでしょう。

このレースで2着だったのがブリージーストーム。

3着がイノデライト。

いずれも後方から追い込んでの馬券内でした。

ただ、やっぱりこのレースを見ていても、後方勢は不利だな、と。

直線が長いので、追い込みがきかないわけではありません。

でも、最終コーナーのコーナリングで先頭に立っている馬にはかないません。

3着のイノデライトは今回出走の各馬といろんなレースで対戦していますが、いつも後方からですね。

6/28 サンケイスポーツ賞(大井1200m)

地方競馬ライブ

このレースを制したのはトーセンミッション。

そのあとアフター5スター賞トライアルでも5着に入っており、実力は抜けていました。

その2着だったトップスター

直線のは入り口までは持ったまま。

突き抜けるかと思いきや、外からトーセンミッションがそれを上回る脚。

ただ、トップスターも後続に2 1/2馬身の差をつけています。

スタート直後もすぐに前に取りつきましたし、悪い内容の競馬ではなかったと思います。

1000mなら見直したい一頭ですね。

冬木立賞の予想

最初にちょっと触れましたが、大井1000mは開催が少ないコース。

毎日のように行われる大井1200mと、200mしか違わないのに開催回数がべらぼうに違います。

で、その1200mの違いは、というと、1コーナーまでの距離

当然、1000mの方が1200mよりも短くなります。

となると、コーナーをロスなく回るためにはイン取りが必要

でも、インとアウトで枠による有利不利がないことは触れました。

一見すると矛盾しているように思えますが、実は矛盾していません。

要は、内枠だろうと、外枠だろうと、ダッシュがきく馬はインを取ることができて、勝てるのです。

だから、出遅れ癖があるとか、スタートダッシュが利かない馬は馬券候補から外れます。

逆に言えば、スタートダッシュが安定している馬は積極的に狙いたいです。

そんな観点から今回推奨するのは、

⑨トップスター

です。

正直、キャプテンハウテンと取捨を悩みました。

ただ、やっぱり決め手は鞍上。

また、御神本か、という声が聞こえてきそうですが、仕方ないですね、これは。

絶好調の御神本騎手騎乗という点も込みで推奨したいと思います。

なにより、メンバー中最多の1000m・3勝が光ります。

参考レースに挙げたサンケイスポーツ賞を見ても、1000mなら足りていたと思わせるレース。

スタートも決められますし、二の脚もつきます。

不安要素としては、久々のレースという点でしょうか。

とはいえ、そういうときの御神本騎手

あわてず騒がず、エスコートしてくれることでしょう。

南関のトップスターである御神本騎手がトップスターに騎乗。

なんかいいですね、こういうの。

 

 

コメント