【地方競馬予想】黒潮マイルチャンピオンシップ(2019年11月10日 高知7R)

本日行われた門別の有馬記念こと道営記念。

勝ったのは3歳馬リンノレジェンドでした。

地方競馬ライブ

道中かかっていたので、これは厳しい流れかなと思いましたが見事な押し切り勝ち。

今年の地方競馬の3歳勢はレベルが高いのかもしれません。

狙ったモズオトコマエも3着に来てくれました。

【地方競馬予想】道営記念(2019年11月7日 門別12R)
東京オリンピックのマラソンと競歩。 正式に札幌開催が決まりました。 開催まで9か月というタイミングでの競技場所変更。 去られる東京もた...

一応、面目躍如といったところです。

 

・・・が、直前でパドックを見て、ヒガシウィルウィンのあまりのデキの良さに。

浮気してしまいました・・・。

そのヒガシウィルウィンは6着orz

初志貫徹しとけばよかったです。

トホホ。

ちなみに、リンノレジェンドのはるかまえにリンゾウチャネルがいる、ということも押さえておいた方がいいでしょう。

スポンサーリンク

絶不調の高知競馬

さて、今年も残すところあと少し。

ここで2019年における僕の高知競馬成績を晒してみたいと思います。

的中率24.8%、回収率50.4%

ヒドイの一言に尽きます。

やられている理由は明快です。

一発逆転ファイナルレースに尽きます。

ファイナルさえやらなければ・・・。

でも、やっちゃうんですよね。

あのカオス競馬を。

これからまだ2019年の高知競馬開催はあります。

大きいのを当てて、しっかり巻き返したいと思います。

マイル重賞

さて、その絶不調の高知競馬の重賞を今回は予想してみたいと思います。

黒潮マイルチャンピオンシップです。

出馬表|地方競馬情報サイト
KEIBA.GO.JP | 地方競馬情報サイトです。

その名の通り、1600m戦。

高知では1400m、1300mに次ぐメジャーな距離のレースです。

高知のマイルについては、過去にも分析したことがあります。

2019年5月2日 高知10R 福永洋一記念の予想
あけましておめでとうございます!…という雰囲気ですね。平成が終わり、令和になりました。新時代の幕開けに合わせて、ちょっとブログの...

その時の分析では、

  • やや内枠有利
  • 意外な種牡馬の産駒が好成績
  • 赤岡・永森のツートップで鉄板

というような傾向が出ていました。

このとき「意外な種牡馬」としてロージズインメイを挙げました。

しかしながら、その後いろいろ調べてみると、ロージズインメイって、けっこう地方のダートでは好成績を残しているんですよね。

今回のメンバーにも1頭ロージズインメイ産駒がいるだけに、要注意です。

赤岡・永森が乗る馬は?

前回の高知1600m分析の中で、

赤岡・永森のツートップが鉄板

ということを書きました。

では、両騎手は今回、どんな馬に騎乗するのでしょうか。

そこで出馬表を見てみると、

赤岡修次騎手→キャプテンオリオン

永森大智騎手→グレナディアーズ

あれあれ?どちらも微妙な馬ではないでしょうか・・・。

どちらの馬も、両騎手が乗っていなければあまり人気にならなそうな馬です。

ですが、この両騎手が乗ると、人気になってしまうのが高知競馬。

となると、他の馬を狙ううえでは、おいしいオッズになる可能性があると言えますね。

黒潮マイルチャンピオンシップの結論

さて、ちょっと早い結論ですが、黒潮チャンピオンシップをまとめたいと思います。

今回の黒潮マイルチャンピオンシップは、

⑦アーチザスカイ

で行きたいと思います。

理由は単純。

相性のいいロージズインメイ産駒であること。

前走、サクラレグナムに0.2秒差まで肉薄していること。

メンバー中、持ち時計が優れていること。

外枠で前に行けるタイプであること。

こういったところを押さえると、おのずとアーチザスカイが浮上します。

おそらくウォーターマーズと人気を分け合うことになるでしょう。

そのウォーターマーズにも先着した実績があります。

現在高知リーディング6位の林謙佑騎手

若い騎手ですが次世代の高知競馬を背負う一人だと思います。

ぜひここで重賞を取ってもらって、人馬ともにステップアップしてほしいですね。

 

コメント