【地方競馬予想】JBCスプリント(2019年11月4日 浦和9R)

さてお次はJBCスプリントの予想に入りましょう。

JBCレディスクラシックの予想はこちら↓

【地方競馬予想】JBCレディスクラシック(2019年11月4日 浦和8R)
いよいよJBCウィークとなりました。 昨年は京都競馬場開催でした。 正直、違和感がありました。 やっぱりJBCは地方競馬場じゃないと…...

前回のレディスクラシックの記事でも書いたように、スプリントが行われるコースは1400m。

傾向は内枠が圧倒的有利です。

もう外枠の馬は見なくてもいいんじゃないかっていうくらいです。

ただ、スプリントの枠順を見ると、悩んでしまいますね。

出馬表|地方競馬情報サイト
KEIBA.GO.JP | 地方競馬情報サイトです。

実績断然優位のコパノキッキングが外枠です。

藤田菜七子騎手のGI制覇、ピンチです。

スポンサーリンク

不気味な存在

さて、このJBCスプリント。

不気味な存在がいくつかいます。

ひとつは最内枠のミスターメロディ

今年の高松宮記念を制している馬がダートに出走してきました。

いやあ、芝馬でしょ?

無理でしょ?

なんて思う人もいるかもしれません。

しかしこの馬はもともとダートを走っていた馬

ダートは連対を外したことがありません。

そんな馬が最内枠

そして、当日は雨予報

馬場が渋って脚抜きが良くなることが想定されます。

となると、芝ダート兼用のこの馬にとってはベストな条件。

うーん、不気味です。

もう一頭、不気味なのはメイショウアイアン

いやあ、さすがに厳しいでしょ。

なんて思う人もいるかもしれません。

外枠ですしね。

でも、不気味なのは鞍上

森泰斗騎手が今回は手綱をとります。

正直、落合玄太騎手のファンなのでちょっとがっかりです。

しかし、南関のトップジョッキーが乗ってくるとなると、ちょっと不気味じゃないですか?

追い込み馬には不利なコースではあります。

ただ、外枠なので割り切って後ろに下げて、ペースが速くなったところをズドン・・・。

なんてことがありうるのではないでしょうか。

なめていると痛い目にあいそうです。

JBCスプリントの結論

今回の浦和のJBC3レース中、一番難しいのはこのスプリント。

いろんな要素が複雑に絡んでいる気がします。

ですが、馬券外に飛ぶことは考えられない馬が一頭います。

②ノブワイルド

です。

内枠

浦和1400mのダートグレードレースウイナー。

浦和1400mで6勝。

同厩舎の出走馬が3頭。

これだけ好条件がそろっていると、なんかワナがあるのではないかと疑いたいくらいです。

それくらいノブワイルドにとって好条件がそろいました。

おそらくオッズ的にはおいしくないでしょう。

ただ、軸にするのにはかなり信頼できると思います。

地方馬のJBC制覇、十分ありますね。

 

コメント

  1. […] 【地方競馬予想】JBCスプリント(2019年11月4日 浦和9R)さてお次はJBCスプリントの予想に入りましょう。 JBCレディスクラシックの予想はこちら↓ 前回のレディスクラシック […]