【地方競馬予想】JBCレディスクラシック(2019年11月4日 浦和8R)

いよいよJBCウィークとなりました。

昨年は京都競馬場開催でした。

正直、違和感がありました。

やっぱりJBCは地方競馬場じゃないと…。

で、今年は浦和開催。

あんな狭い競馬場で、ちゃんと開催できるのでしょうか。

そんな未知の不安があるのも、地方競馬場開催ならでは。

是非いつか、高知とかでやってほしいですね。

スポンサーリンク

最初はレディスクラシック

さて、JBCは3レースあります。

最初はレディスクラシック。

次がスプリント。

最後がクラシック。

まずは最初のレディスクラシックから予想していくことにしましょう。

出走メンバーは以下の通りです。

出馬表|地方競馬情報サイト
KEIBA.GO.JP | 地方競馬情報サイトです。

ポイントは距離

さて、今回の浦和開催のJBC。

レースの距離が微妙なんですよね。

レディスクラシックとスプリントがいずれも1400m

まあ、浦和でまともなコースは1400mと2000mくらいしかないので仕方ありませんが。

この1400mが2レースあるってのが、今回のJBCのミソだと思います。

牝馬のスプリント寄りの馬は、当然レディスクラシックに出てきますからね。

たとえばヤマニンアンプリメ

牡馬混合の北海道スプリントカップやクラスターカップを制しています。

なので、スプリントに出てもいいくらい。

でも、レディスクラシックが1400mならば、当然レディスクラシックに出てきますよね。

かきつばた記念を制しているゴールドクイーンもしかりです。

逆に、適性距離が中距離寄りな牝馬にとってはマイナス要素。

今回の出走メンバーでいえば、

ラーゴブルー

ミッシングリンク

ファッショニスタ

サラーブ

あたりです。

こういった馬の距離適性は大いに重視したいところです。

浦和1400mの特徴

さて、トリッキーで知られる浦和コース。

園田出身で小回りコースの経験が豊富な岩田康誠騎手ですら、浦和は難しい、と言っています。

そんな浦和コースですが、過去に1400mコースの特性を分析してみたことがあります。

【地方競馬予想】プラチナカップ(2019年7月25日 浦和11R)
今回予想するのは、浦和の重賞・プラチナカップ。 距離は1400m。 出走は11頭です。 トリッキーなコースが多い浦和の中にあって、1400mは割とマトモなコース。 それゆえに、ダートグレードレ...

このときの分析では、明らかに内枠有利の傾向が出ていました。

これは岩田騎手の指摘とも合致します。

JBCレディスクラシックの結論

今回のJBCレディスクラシックは、けっこう特殊な条件下で行われます。

しかし、特殊な条件下ということは、予想をする上では理想的なこと。

特殊な条件にマッチした馬を選べばいいだけですからね。

今回は

短距離適性がある

内枠である

この2点だけを抑えればよいと言えるでしょう。

その条件に当てはまる馬は、

③ヤマニンアンプリメ

しかいませんね。

主戦の岩田康誠騎手がレッツゴードンキに騎乗するので武豊騎手に乗り替わり。

この点はやや不安要素です。

ただ、この馬の短距離適性は上記の通り2つの短距離ダートグレードレースを制していて申し分なし。

そして3番という好枠を引きました。

9月に行われた今回と同じ舞台のテレ玉杯オーバルスプリントでは3着でした。

しかし先着を許したのはいずれも牡馬。

牝馬同士のこの一戦ならば、馬券外になることは考えられません。

今回のJBC3レース中、もっとも鉄板なのはこのレースです。

コメント

  1. […] 【地方競馬予想】JBCレディスクラシック(2019年11月4日 浦和8R)いよいよJBCウィークとなりました。 昨年は京都競馬場開催でした。 正直、違和感がありました。 やっぱりJBCは地方競馬場じ […]

  2. […] 【地方競馬予想】JBCレディスクラシック(2019年11月4日 浦和8R)いよいよJBCウィークとなりました。 昨年は京都競馬場開催でした。 正直、違和感がありました。 やっぱりJBCは地方競馬場じ […]