【地方競馬予想】マイルグランプリ(2019年10月16日 大井11R)

台風19号。

とんでもない被害を日本各地に残して去っていきました。

当初懸念されていた暴風より、豪雨による被害が顕著。

至るところで川の氾濫がありました。

こんなときに競馬の予想なんて不謹慎だ!

そんなことを言う人がいるかもしれません。

気乗りがしないのも確かです。

ただ、僕は東日本大震災の時に学びました。

過剰な自粛は一番やっちゃいけないことだ、と。

被害に遭った人のことを思いつつ、やるべきことをやる。

しっかりお金を使って、経済を回す。

自然災害に遭った時は、これが一番大事です。

被害に遭った方を気遣いつつ、しっかり予想して、しっかり馬券を買っていきたいと思います。

スポンサーリンク

逃げ馬不在のマイルグランプリ

さて、今回予想するのは大井の重賞・マイルグランプリ。

出走は16頭とそろいました。

出馬表|地方競馬情報サイト
KEIBA.GO.JP | 地方競馬情報サイトです。

大井のマイルは内回りコース。

他の大井の距離よりも、逃げ馬の枠が重要です。

逃げ馬が内枠に入れば、ペースは意外と落ち着きます。

一方、外枠に入れば、1コーナーまでのインコース争いでハイペースになりがち。

ところが、今回のメンバーを見て愕然。

積極的にハナを切ろうという逃げ馬が見当たりません。

難解な一戦になりそうです。

ノンコノユメ×御神本訓史

もうひとつ、このレースで注目したいこと。

それは、メンバー中実績No.1のノンコノユメ。

主戦を務めてきた真島大輔騎手が病気のため乗れず。

前回の日本テレビ盃は笹川翼騎手が代打を務めました。

今回も笹川騎手かと思いきや、まさかの御神本訓史騎手。

うーん、これは・・・。

おそらく1番人気が予想されますが、危険な人気馬だと思います。

僕はノンコノユメも御神本騎手も大好きです。

大好きですが、大好きがゆえに、それぞれのことをよく知っています。

知っているがゆえに言いますが、このコンビは合わないと思います。

あくまで感覚的なものですが・・・。

馬券的妙味もないので、このコンビは外して予想を考えたいと思います。

リッカルド×石崎駿

それと、昨年のこのレース。

1番人気に推されながら4着に沈んだリッカルド。

思えば、昨年のこのレースあたりから歯車が狂い始めた気がします。

ところが、前走の千葉ダートマイルで見事に復活を遂げました。

その勢いでマイルグランプリも・・・と思いきや、鞍上が石崎駿騎手に乗り替わり。

うーん、これは不可解な乗り替わりです。

これまで手綱を取ってきた矢野騎手はサブノジュニア。

サブノジュニアもいい馬ですが、リッカルドとどっちを選べと言われたら・・・。

大概、こういう不可解な乗り替わりは、いい成績を残さないものです。

外枠・大型馬・脚質を考えて、リッカルドも外して考えることにしましょう。

マイルグランプリの結論

ノンコノユメ、リッカルドという元・JRAの大物。

この2頭をバッサリ切って、指名したい馬がいます。

それは、トライアルを制したワークアンドラブ・・・でもなく。

矢野騎手が選択したサブノジュニア・・・でもなく。

絶好調・吉原寛人騎手騎乗のダノングッド・・・でもなく。

昨年、このレース3着。

前走も重賞で2着。

最内枠。

そして、鞍上は大井の帝王・的場文男。

そう、

①トロヴァオ

です。

マイルはお手の物。

特に大井マイルは全4勝中2勝を挙げている、もっとも得意とするコース。

その勝った時の馬番はいずれも内枠。

そして今回も内枠。

展開次第では前にも行ける自在性もあり、馬場も問いません。

前走よりも、相当相手は強くなります。

強くはなりますが、相手なりに走れる馬でもあります。

同厩舎のノンコノユメが人気を集めそうですが、古くからの格言に、

「同厩舎は人気薄を狙え」

という格言があります。

まさに今回は狙い時。

トロヴァオ×的場文男で勝負です。

コメント