【地方競馬予想】金沢プリンセスカップ(2019年9月29日 金沢11R)

01_予想 01_地方競馬 06_金沢競馬

僕はほぼ毎日、ばんえいと岩手競馬を除き、競馬を楽しんでいます。

これだけいろんな競馬場の競馬をやっていると、

この競馬場は予想しやすいな〜

とか

なんか知らないがこの競馬場は当たらない

という競馬場があります。

何が原因しているのかはわかりませんが、得意だなあ、と勝手に思ってるのは、門別と川崎と園田

逆に当たらないなぁ、という印象が僕の中で強いのは、大井、名古屋、高知、そして金沢です。

ただ、2019年の競馬場別回収率を見ると、得意だと思っている3場のうち、川崎と園田は収支マイナス。

逆に苦手意識のある大井は収支プラスです。

苦手意識もあって、収支がボロボロなのは高知と金沢

高知なんで目も当てられない状況ですが、それでも毎週やってしまうのが、高知競馬の中毒性。

どうしても一発逆転を狙ってしまうんですよね。

一方の金沢

この競馬場は、知る人ぞ知る、普通の競馬場とは違った意味で難しい予想を迫られる競馬場です。

僕にとっては魔界のような競馬場です。

とはいえ、高知やその他の競馬場と比べて、また違った意味で新鮮なところがある競馬場でもあります。

今日はそんな魔界・金沢の重賞、金沢プリンセスカップを予想したいと思います。

出走は10頭、距離は1400mです。

例によって、予想される人気上位馬を挙げて、その馬の買い要素、不安要素を挙げていきましょう。

予想上位人気馬

1番人気 ハートフルシーン

2番人気 ハイタッチガール

3番人気 ドンナフォルテ


1番人気が予想されるのは、中央から転入後2戦して、いずれも圧勝のタイムパラドックス産駒・ハートフルシーン。

2番人気予想は、門別から金沢転入後、緒戦こそ落としたものの、巻き返しが期待されるフリオーソ産駒・ハイタッチガール。

3番人気予想は[2.0.1.0]と安定感抜群のドンナフォルテでしょうか。

1番人気はおそらくハートフルシーンで問題ないと思いますが、2番人気以下はあまり差が出る要素がありませんので、違う馬が人気上位に挙げられるかもしれません。

予想上位人気馬の取捨選択

ハートフルシーン

買い要素:転入後2戦ともまったく危なげない勝利。

不安要素:410キロ台と小兵であり、馬体の増加が期待されるところ。

ハイタッチガール

買い要素:2歳戦に強い門別出身馬。その門別でも勝ち鞍あり。

不安要素:前走、馬体が+11キロで負けており、適性馬体重になっているかが疑問。斤量55キロ。

ドンナフォルテ

買い要素:金沢で2勝を挙げておりコース適性は抜群

不安要素:斤量55キロ。同型馬に競られた時にどうか。

荒れる・荒れない判定

ハートフルシーンの優位は否定しがたいですね。

素直に相手探しをしたほうがいいでしょう。

ただ、台頭しそうな穴馬も見当たりませんね。

2歳戦ということもあるので、不安要素が大きい馬も多いのですが、強調できる材料も少なめです・・・。

金沢プリンセスカップの予想

◎ハートフルシーン

○ハイタッチガール

▲リザード


軸は不動のハートフルシーン

骨っぽい相手もいない、というのが正直なところなので、ここは連勝を伸ばすことになりそうです。

対抗に挙げたのはハイタッチガール

やはり、この時期の門別から来た馬は見過ごせません。

前走は馬体重が+11キロということで、やや調整不足だった可能性があります。

馬体が絞れてくれば面白い一頭になりそうです。

▲に挙げたのは、こちらも門別から来たリザード

門別では未勝利のまま金沢にやってきましたが、現在3連続2着という状況。

勝ちきれない点は不安要素ですが、堅実な走りは期待できそうです。

そして、鞍上は全国リーディングジョッキーの園田・吉村智洋騎手

剛腕のムチに応えて、一発逆転なんてこともありうると思います。

今回はこの3頭で勝負してみたいと思います。

コメント