2018/7/10 大井11R サンタアニタトロフィートライアルの予想

スポンサーリンク

的場文男、ついに復帰!

落馬負傷でお休みしていた的場文男騎手が今日から復帰しました。

復帰初日は3鞍に騎乗し、7着、15着、8着と掲示板に載ることはできませんでした。

まあ、初日ですからね。

明日は5鞍に騎乗しますし、水曜日のジャパンダートダービーには、東京ダービーで激走したクリスタルシルバーとのコンビで挑みます。

相手はかなり強いですが、再度の激走を期待したいですね。

大記録達成は?

さて、その的場文男騎手の地方競馬最多勝記録更新のタイミングが気になりますね。

この後の大井以外の南関でどれくらい騎乗するのかにもよりますが、僕は千両役者・的場文男のことですから、きっと重賞で決めるのではないかと思っています。

それも大井の重賞で。

となると、候補になるのが、8/1のサンタアニタトロフィーではないでしょうか。

そのサンタアニタトロフィーのトライアルが、明日7/10のメインレースに組まれていますので、予想をしたいと思います。

逃げ先行だらけのメンバー

メンバーを見ると、これでもかっていうくらい、逃げ先行馬だらけです。

ここまで揃うのは珍しいかもしれません。

どの馬がハナを奪うのか、全く想像ができませんね。

控えることができる馬から狙いたい

当然、こういうメンバー構成だと、逃げ馬から入ると激しい先行争いで前が潰れるということも予想されます。

なので、後ろから行く馬、または、前がやり合うのを一列後ろで控えて、じっくり行くことができる馬を狙いたいですね。

軽斤量も魅力なこの馬を本命に

というわけで、メンバーの中から、後ろ目からいける馬に絞り込みたいのですが、そこで気になってくるのが斤量

2ハイテルカイトは、前走2番人気に推されながら10着と奮いませんでした。

しかしながら、その時の斤量57キロから、今回は4キロ減の53キロ。

これは流石に軽いのではないでしょうか。

他の馬が軒並み前回と同じか、2キロ減なのに対し、この馬だけが4キロ減。

これは前走の着順が悪くても買いと見ました。

本命はハイテルカイトです。

鞍上岡部誠騎手というのも魅力のひとつですね。

相手はやや手広く

相手はやや手広く行きましょう。

距離短縮で新味が出てきたチャンピオンゴッド

今回から距離短縮が吉と出るか。高知の赤岡騎手とのコンビが胸熱な、元高知のナンヨーマーク

前走鮮やかに逃げ切った笹川翼騎手のセンプレフォール

前走しばらくぶりの勝利を手にして、再度浮上なるかノースカルロス

ちょっと展開面は苦しそうですが、西啓太騎手の一発に期待したいオーバーカムの5頭を相手にしたいと思います。

馬複で2から3.5.6.9.11とします。