【地方競馬予想】珊瑚冠賞(2019年9月22日 高知7R)

昨日は仕事で胸糞悪いことがありました。

仕事ですから、楽しいことばかりではありません。

いやむしろ、楽しくないことばかり。

楽しくないことだらけの中で、いかに楽しいことを見つけるか、がモチベーションを保つ上では大事ですよね?

でも、逆に、楽しくないことの中でもさらに楽しくないことがあったりします。

そんなことが昨日はありました。

ああ、イヤな気分!

こういうときこそ、バシっと馬券を当ててすっきりしたいものですね。

スポンサーリンク

高知の古馬重賞・珊瑚冠賞

さて、今回予想するのは、高知競馬の重賞・珊瑚冠賞です。

距離は1900m、出走は古馬11頭です。

高知1900m戦は、高知優駿や二十四万石賞など、重賞級のレースで使われることが多いコースです。

ただ、その分、一般戦にはあまり使われないコースなので、コース実績を見極めるのが難しいコースでもあります。

それではさっそく、予想上位人気馬から見ていくことにしましょう。

予想上位人気馬

1番人気 ケイマ

2番人気 キャプテンオリオン

3番人気 ウォーターマーズ


1番人気は間違いなくケイマでしょう。

高知転入後4戦4勝の元中央準オープン馬。

4戦とも、対戦相手との力の違いを見せつけています。

前走の建依別賞では、高知の実力馬・サクラレグナムとのデッドヒートとなりましたが、最後は振り切って0.6秒差をつけての勝利でした。

2番人気予想は赤岡修次騎手騎乗のキャプテンオリオン。

4月の二十四万石賞(1900m)では2着に好走。

続く福永洋一記念(1600m)でもコスタアレグレとのデッドヒートに敗れましたが、好走はしています。

休みを挟んだ9/8の前走は6着に敗れていますが、一叩きされて、かつ長丁場。

変わり身が期待できます。

3番人気予想は難しいですね。

一応挙げたのは、建依別賞でケイマ・サクラレグナムに次ぐ3着だったウォーターマーズ。

向こう正面から手ごたえが怪しかったのですが、スルスル3~4コーナーで伸びてきて、直線では西川騎手の代名詞・イン突きで3着。

ズブイ馬という印象ですが、西川騎手とのコンビでは馬券外がありませんので、手が合っているのでしょう。

予想上位人気馬の取捨選択

ケイマ

買い要素:高知転入後、まったく底を見せていない圧倒的な強さ。

不安要素:シニスターミニスター産駒だけに距離延長はどうか。

キャプテンオリオン

買い要素:休養後ひと叩きされて変わり身に期待ができる。1900m戦で好走歴あり。

不安要素:好走はしているものの、重賞で勝ちきれないところがあり。

ウォーターマーズ

買い要素:高知転入後、3戦して馬券外なし。シンボリクリスエス産駒で距離延長は歓迎

不安要素:ズブさが否めないので、瞬発力勝負に持ち込まれると不利。

荒れる・荒れない判定

ケイマはこの4戦、まったく底を見せておらず、盤石のようにも思えます。

しかしながら、上記の通り、シニスターミニスター産駒。

どう考えても距離延長は不安要素です。

キャプテンオリオンにしても、休み明け叩かれて、調子が戻っているかは微妙。

人気上位馬のどれもが、致命傷になりかねない課題を抱えている印象です。

そんなときは、やっぱり積極的に穴馬を狙いたいですね。

推奨の穴馬

⑨ナリタポセイドン


この馬についていろいろ語る前に、まずは以下の2レースをご覧いただきたいと思います。

地方競馬ライブ
地方競馬ライブ

この追い込みぶり、凄くないですか?

特に8/18のレースは、相当遅れた最後方追走からの圧巻の追い込み。

しびれますね~。

今回、ケイマとキャプテンオリオンが前目につける馬なので、先行争いが激しくなると思われます。

おのずとペースも上がると思われますが、ハイペースになればなるほど、ナリタポセイドンの出番です。

まとめて差し切ってしまうのではないかと見て、穴馬に挙げました。

珊瑚冠賞の予想

◎ナリタポセイドン

○キャプテンオリオン

▲イッツガナハプン

△ウォーターマーズ


圧倒的な1番人気が予想されるケイマですが、やっぱりシニスターミニスター産駒というのが気になるんですよね。

2016年以降、シニスターミニスター産駒の高知1900m出走はたった1例しかありませんので、参考にはなりません。

ただし、高知のほとんどのレースが行われる1300mと1400mで、シニスターミニスター産駒は、

1300m戦で勝率23.5%

1400m戦で勝率20.0%

となっており、若干距離が伸びたことで成績が落ちています。

まあ、ケイマ自身は1600mまでこなしているので、300m伸びても大丈夫じゃないか、とも思うんですが、気になる不安要素なので、思い切って馬券からは外しました。

一方、キャプテンオリオンは、1900m実績もありますし、前走から明らかな変わり身が期待できます。

鞍上は赤岡修次騎手ですし、重賞制覇の期待が広がりますね。

ただ、そんなキャプテンオリオンもケイマとやり合えば、終いが甘くなるはず。

そこで突っ込んでくるのが、ナリタポセイドンです。

ここ2走の走りを見る限り、10歳馬ですが、まったくそんな感じはなく、むしろここにきて能力が開花しているような気すらします。

まあ、門別の9歳馬・メイショウアイアンも、落合玄太騎手とのコンビでダートグレードレース2着に入るなど、今年に入って大活躍しています。

実は馬齢って、その馬の個性みたいなもので、単に年がいってるからダメとか、そういうことはないのかもしれません。

以下、古豪・イッツガナハプン

久々のレースとなり、その点が不安であるものの、当該距離で好走実績もあります。

押さえておきたいのはウォーターマーズ

この馬も元中央馬ですが、血統的な背景や前走のズブいながらもしぶとく伸びてくる脚は、今回のようなレースでは活きるのではないかと考えました。

というわけで、圧倒的1番人気馬を蹴っての予想です。

さて、どうなることやら・・・。

コメント