【地方競馬予想】フリオーソレジェンドカップ(2019年8月30日 船橋11R)

今日予想したいのは、8月30日の船橋メイン、フリオーソレジェンドカップです。

距離は1600m。

出走は9頭と小頭数です。

それでは、例によって人気順から予想していきましょう。

スポンサーリンク

予想上位人気馬

1番人気 ベイビータピット

2番人気 パルトネルラーフ

3番人気 マルヒロナッツオー


この予想方法に変えてから思うんですが、人気順を予想するのって難しいですね。

出走する9頭中、6頭が前走で出走した千葉日報杯で最先着(4着)を果たしたベイビータピットを1番人気と予想しました。

2番人気予想はパルトネルラーフ。

前走大井2000mで2番人気5着。

ただ、その前のレースにあたる船橋1500mを戦で2着に来ています。

ちなみにその時の勝ち馬が、千葉日報杯の勝ち馬サダムリスペクト。

うーん、この力関係だと、もしかするとパルトネルラーフが1番人気かもしれませんね。

3番人気予想はマルヒロナッツオー。

今回は左海誠二騎手から山口達弥騎手に乗り替わり。

左海誠二騎手は同じ林正人厩舎のノースカルロスに乗ります。

この乗り替わりをどう見るか、ですね。

予想上位人気馬の取捨選択

ベイビータピット

買い要素:船橋コースは安定感あり。

不安要素:いいレースはするものの勝ちきれない印象あり

パルトネルラーフ

買い要素:元・中央オープン馬。実績は断然。

不安要素:2走前の船橋での好走は不良馬場。

馬場状態が変わってどうか。

マルヒロナッツオー

買い要素:全5勝中3勝を船橋1600mで挙げており、コース適性はメンバー中随一。

不安要素:騎手の乗り替わりがどうか。

荒れる荒れない判定

うーん、9頭数とはいえ、荒れる要素満載のレースに思えます。

上位人気馬は大なり小なり不安要素を抱えていて、それがハマるとたちまち崩れそうな雰囲気です。

積極的に穴馬を探してみましょう。

推奨の穴馬

②ヤンキーソヴリン


いろんな角度から見てみると、その角度によって見えてくる穴馬がいます。

そんな中、一番馬券内にくる可能性がありそうな馬としてヤンキーソヴリンを選びました。

いつもだいたい人気通りか、人気以上に走る馬。

2走前にこのコースで勝っているのも強み。

内枠と小頭数を利して、2走前のようにうまく前めにつけられれば、馬券内に入る可能性は高いと見ました。

フリオーソレジェンドカップの予想

◎パルトネルラーフ

◯ヤンキーソヴリン

▲ベイビータピット


船橋に戻ってのパルトネルラーフに期待しました。

前走大井でも大負けしていませんし、中央時代の戦績を考えても、船橋の方が向きそうです。

対抗には一発を期待してヤンキーソヴリンベイビータピットは安定感があるので、馬券からは外せませんね。

繰り返しになりますが、小頭数ながら伏兵多数の難解な一戦ですね。

コメント