【地方競馬予想】スパーキングサマーチャレンジ(2019年7月18日 川崎11R)

今週は日曜日から船橋開催がはじまったと思ったら、水曜日で終わり。

翌木曜日からは川崎が開催になるんですね。

ついさっきまで、今週川崎開催があるなんて知りませんでした。

こういう変則開催は混乱するのでやめてもらいたいものです。

さて、そんなやめてもらいたい川崎開催の開催初日・木曜日のメインはスパーキングサマーチャレンジ。

距離は1600m、出走は11頭です。

川崎1600mの傾向と対策

川崎1600mについては、つい最近、別の記事で検討したことがありましたので、そちらを参照していただければと思います。

【地方競馬予想】スパーキングレディーカップ(2019年7月4日 川崎11R)
今週の地方競馬は7月4日の木曜日に重賞が3つもあります。 他の日はというと、あまりこれといったレースがない状況。 せめて、ナイター開催が...
【地方競馬予想】湘南ひらつかオープン(2019年7月3日 川崎11R)
早いもので2019年も半分が過ぎました。 今年は改元があったこともあって、なんとなく落ち着かない年だと思うのは僕だけでしょうか。 そんな...

そんなわけで、これらの記事を参考にしつつ、予想を組み立てたいと思います。

スパーキングサマーチャレンジの予想

◎トキノパイレーツ

○サウスアメリカン

▲サーヒューストン

△ゼンノウラヌス

上位は実力伯仲のイメージ。

どの馬も安定感がある一方、決め手を欠くような馬ばかり。

そこで本命に推したのはトキノパイレーツ

まあ、同コースでのオープンも勝っていますし、重賞でも上位入線していますから、このメンバー相手なら大きく崩れないだろうと見ます。

以下、こちらも大きく崩れないのがウリのサウスアメリカン

サーヒューストンは川崎1600mの実績で行けばピカイチ。

ただ、欲を言えば森泰斗騎手よりも左海誠二騎手のほうが手が合っている気がします。

ゼンノウラヌスは最内枠を活かして、いかに崩れずに粘りこむか、でしょう。

コメント