【地方競馬予想】サンタアニタトロフィートライアル(2019年7月9日 大井11R)

7月に入ってから、悪天候が続いています。

しばらく太陽を見ていない気がするのは僕だけでしょうか。

これだけ雨が続くと、当然馬場状態も悪いレースが続きます。

かつて、「競馬の神様」こと、大川慶次郎さんは、

「馬場状態が悪いときは、賭け金を少なくした方がいい」

と言っていたそうですが、これはその通りだと思います。

馬場状態が悪いと、予想が難しくなります。

そんなわけで、今週も馬場状態をにらみながらの競馬予想になりそうです。

今回予想したいのは、火曜日の大井メイン、サンタアニタトロフィートライアル

1600mの15頭立てで行われます。

ちなみに去年の予想はこちら。

2018/7/10 大井11R サンタアニタトロフィートライアルの予想
的場文男、ついに復帰! 落馬負傷でお休みしていた的場文男騎手が今日から復帰しました。 復帰初日は3鞍に騎乗し、7着、15着、8着と掲...

結果はこちら。

レース成績表

いやあ、我ながら見事な外しっぷりですね。

今年は昨年のリベンジだぁ!

早速、大井1600mの傾向分析から入りましょう。

大井1600mの傾向と対策

大井1600mの傾向については、過去、以下の記事で分析を行いました。

【地方競馬予想】2019年5月21日 大井11R さつき賞
5月も中盤を過ぎ、初夏の気候。 今週の南関は大井開催。 火曜日のメインは古馬によるマイル戦・さつき賞。 出走は13頭です。 早速予想...

大井競馬場の各コース別の平均勝ちタイムは以下にまとめています。

大井競馬場 クラス別平均勝ちタイム一覧
2016年から2019年6月28日までのデータに基づき、大井競馬場における距離別×クラス別×馬場状態別の平均勝ちタイムを算出してみました。 ...

騎手成績トップ10(勝率順・騎乗回数20回以上)

勝率順 騎手名 騎乗回数 勝率 連対率 複勝率
1 御神本訓 167 22.2% 35.3% 46.7%
2 真島大輔 534 19.7% 37.8% 47.4%
3 森泰斗  579 15.7% 27.5% 40.2%
4 矢野貴之 658 15.7% 28.9% 39.2%
5 吉原寛人 202 14.9% 25.2% 36.1%
6 山本聡哉 38 13.2% 15.8% 26.3%
7 笹川翼  621 12.9% 24.3% 33.0%
8 的場文男 602 12.6% 27.7% 37.2%
9 中野省吾 328 11.6% 22.3% 33.8%
10 瀧川寿希 491 11.0% 19.3% 28.5%

種牡馬成績トップ10(勝率順・産駒出走回数20回以上)

勝率順 種牡馬名 出走回数 勝率 連対率 複勝率
1 ブレイクランアウト 29 34.5% 62.1% 72.4%
2 Unbridled’s Song 23 30.4% 43.5% 47.8%
3 Tapit 24 29.2% 37.5% 54.2%
4 フジキセキ 21 28.6% 52.4% 57.1%
5 ロードアルティマ 28 25.0% 32.1% 35.7%
6 アグネスフライト 32 21.9% 46.9% 46.9%
7 オレハマッテルゼ 52 21.2% 26.9% 32.7%
8 サクラゼウス 21 19.0% 33.3% 38.1%
9 ヨハネスブルグ 66 18.2% 30.3% 40.9%
10 サマーバード 30 16.7% 26.7% 26.7%

これらのデータを踏まえて、サンタアニタトロフィートライアルの予想を組み立てていきたいと思います。

サンタアニタトロフィートライアルの予想

◎サノマル

○バイタルフォース

▲シビックヴァーゴ

△モンスターキング

抜けた馬がいないメンバー構成で、かなりの混戦ムードです。

そんな中で本命を打ったのはサノマル。

全成績[10.4.7.20]に対し、大井1600mは[4.2.5.2]と好成績。

重・不良馬場も[4.2.5.4]と安定しており、このメンバーの中では一番信頼がおけると考えました。

脚質も先行脚質というのも、重・不良馬場においては信頼できる要素です。

以下、中央からの転入初戦となるバイタルフォース、3歳馬ながら距離短縮で新味が出そうなシビックヴァーゴ、押さえとして最内枠で先行できそうなモンスターキングを挙げておきたいと思います。

ただ、繰り返しになりますが、当日の馬場状態は要チェックです。

このレースの手前のレースまでの傾向をよく見たうえで、馬券を買うこととしたいと思います。

コメント