【地方競馬予想】グランシャリオ門別スプリント(2019年7月4日 門別12R)

今回予想するのは、門別のスプリント重賞・第5回グランシャリオ門別スプリントです。

スーパースプリントシリーズの一戦、距離は1000mです。

このレースが創設されたのは2011年。

重賞に格上げされたのは2015年です。

門別って、スプリント戦のレースが充実しているイメージはありますが、たいていは1200mのイメージ。

門別の1000mって、あまりなじみがないと感じるのは僕だけでしょうか。

まったくイメージがわかないので、いつものようにデータ分析から入りたいと思います。

スポンサーリンク

門別1000m 傾向と対策

脚質×馬番

  勝率 連対率 複勝率
1-7 11.2% 22.4% 33.7%
逃げ 34.2% 54.7% 68.3%
先行 14.4% 32.0% 47.8%
差し 5.3% 14.2% 26.0%
追込 0.7% 2.7% 7.0%
8-14 10.4% 20.6% 30.4%
逃げ 32.2% 51.1% 66.3%
先行 14.7% 31.9% 48.1%
差し 3.8% 9.4% 16.6%
追込 0.5% 2.6% 4.4%

内枠有利な傾向が見て取れます。

短距離レースということもあり、追い込みは絶望的ですね。

騎手成績トップ10(勝率順・騎乗回数20回以上)

勝率順 騎手名 騎乗回数 勝率 連対率 複勝率
1 桑村真明 494 19.8% 36.4% 53.4%
2 宮崎光行 330 18.5% 37.3% 49.1%
3 五十嵐冬 371 18.1% 35.3% 52.3%
4 服部茂史 356 17.4% 30.9% 41.3%
5 阿部龍 443 17.2% 31.2% 44.5%
6 井上俊彦 262 15.3% 24.8% 35.9%
7 石川倭 476 14.1% 24.4% 37.4%
8 岩橋勇二 444 12.4% 25.5% 40.3%
9 加藤誓二 26 11.5% 19.2% 26.9%
10 落合玄太 201 10.0% 22.9% 30.8%

桑村騎手が一歩リード。

種牡馬成績トップ10(勝率順・産駒出走回数20回以上)

勝率順 種牡馬名 騎乗回数 勝率 連対率 複勝率
1 ヘニーヒューズ 23 43.5% 52.2% 78.3%
2 マンハッタンカフェ 28 35.7% 78.6% 85.7%
3 セイントアレックス 19 31.6% 52.6% 57.9%
4 スズカコーズウェイ 23 30.4% 30.4% 43.5%
5 スウェプトオーヴァーボード 55 29.1% 50.9% 63.6%
6 オレハマッテルゼ 25 28.0% 36.0% 40.0%
7 ゴールドアリュール 59 27.1% 47.5% 61.0%
8 ケイムホーム 50 24.0% 40.0% 50.0%
9 プリサイスエンド 64 23.4% 29.7% 46.9%
10 ヨハネスブルグ 35 22.9% 34.3% 45.7%

上位2頭の成績は目を見張るものがあります。

これは門別1000mに限ったことではないのですが、マンハッタンカフェは自身が芝の長距離型だったにもかかわらず、産駒はダートの短距離で活躍する馬が多い傾向にあります。

もう残りの産駒は少なくなりつつありますが、地方競馬でマンハッタンカフェ産駒が出てきたときは、ちょっと注意した方がいい、というのが最近の僕の中でのトレンドです。

グランシャリオ門別スプリントの予想

◎メイショウアイアン

○ナリユキマカセ

▲カツゲキライデン

△ショコラブラン

最近、このブログで予想を載せるとき、いつも「難解」「難解」と言っているような気がします。

そして今回も難解な一戦だと思います。

これといった決め手はありませんが、メイショウアイアンを軸にしてみました。

前走、北海道スプリントでは8番人気ながら、直線鋭く伸びて2着。

周囲をあっと言わせました。

ただ、これで落合玄太騎手とは転入後コンビを組んで[0.1.1.0]。

南関時代の成績不振を考えると、復活したと言って過言ではないと思います。

後方一気という脚質が、果たして1000mでどうか、という心配はありますが、目下の充実ぶりを評価したいと思います。

以下、条件は厳しくなるものの、大崩れしないのが持ち味のナリユキマカセ。

オレハマッテルゼ産駒は、このコースの種牡馬成績6位で、メンバー中最上位。

▲はカツゲキライデンで、最内枠と桑村騎手騎乗を評価しました。

押さえておきたいのはショコラブラン。

南関の重賞でも安定して好成績を残してきました。

前走の北海道スプリントも4着に入りました。

今回は吉原寛人騎手が騎乗

吉原騎手の騎乗にも注目したいと思います。

コメント