【地方競馬予想】優駿スプリント(2019年6月25日 大井11R)

6月24日からはじまる大井開催。

今開催は豪華な開催です。

重賞が2つあって、うちひとつは帝王賞。

さらに27日と28日は浦和とのリレー開催。

まさに大井競馬・上半期の総決算といった感じです。

そんな豪華開催の予想第一弾は火曜日の重賞・優駿スプリント。

3歳限定の1200m戦。

出走は16頭です。

スポンサーリンク

昨年の予想とその結果は・・・

さて、このレース、昨年もこのブログで予想しています。

昨年の記事はこちら↓

2018/6/26 大井11R 優駿スプリントの予想
雨のせいで難しかった今週の船橋開催 今週の船橋開催は、雨が続いて馬場状態が良くなく、展開が読みづらくて難しいレースが多かった気がします。 この週末も雨がしとしと降っている関東地方ですが、週が明...

で、昨年の結果はこちら↓

優駿スプリント 結果・払戻 | 2018年6月26日 大井11R 地方競馬レース情報 - netkeiba.com
No.1競馬サイト「netkeiba.com」の地方競馬(NAR)ページ。全国地方競馬場のレース情報、ニュース速報、著名人によるコラムなどを掲載。競走馬・騎手・調教師など史上最大級のデータベースも提供しています。

とんでもない大波乱でしたね。

ただ、普段から応援している、西啓太騎手がこのレースで初重賞制覇を飾ってくれたのはとてもうれしかったです。

さて、今年はどうなるのでしょうか。

例によって、大井1200mの傾向から分析していきたいと思います。

大井1200mの傾向と対策

馬番×脚質

  勝率 連対率 複勝率
1-8 8.1% 16.2% 24.3%
逃げ 23.3% 36.6% 46.8%
先行 10.2% 21.6% 31.5%
差し 4.4% 11.6% 20.3%
追込 1.4% 3.8% 7.5%
9-16 6.9% 13.9% 20.8%
逃げ 20.2% 35.3% 46.8%
先行 10.7% 21.0% 30.0%
差し 3.8% 9.2% 15.5%
追込 1.6% 3.5% 6.8%

やや内枠有利でしょうか。

騎手勝率ベスト10(騎乗回数50回以上)

勝率順 騎手名 騎乗回数 勝率 連対率 複勝率
1 御神本訓 182 28.0% 41.2% 54.4%
2 矢野貴之 948 18.4% 33.1% 44.1%
3 森泰斗  691 17.9% 28.8% 38.6%
4 真島大輔 671 15.6% 27.7% 35.3%
5 クアトロ 58 15.5% 25.9% 34.5%
6 石崎隆之 64 14.1% 21.9% 26.6%
7 吉原寛人 211 12.8% 28.9% 38.9%
8 笹川翼  858 11.3% 22.1% 31.2%
9 的場文男 711 11.0% 21.8% 31.9%
10 横川怜央 457 10.3% 19.0% 24.5%

赤字は今回のレースで騎乗する騎手。

種牡馬勝率ベスト10(産駒出走回数50回以上)

勝率順 種牡馬名 出走回数 勝率 連対率 複勝率
1 スマートファルコン 231 16.9% 27.3% 35.1%
2 キンシャサノキセキ 189 16.4% 29.1% 37.6%
3 アグネスデジタル 113 15.9% 22.1% 32.7%
4 タイキシャトル 210 15.7% 23.8% 33.3%
5 ノボジャック 124 15.3% 18.5% 23.4%
6 ショウナンカンプ 118 13.6% 24.6% 29.7%
7 ロードカナロア 52 13.5% 26.9% 36.5%
8 エスポワールシチー 78 12.8% 20.5% 41.0%
9 アドマイヤマックス 173 12.7% 17.9% 24.9%
10 ルールオブロー 82 12.2% 19.5% 30.5%

赤字は今回のレースに産駒が出走する種牡馬。

それにしても、なかなか意外な種牡馬が上位に入っていて、おもしろいですね。

ちなみに、今回の出走各馬の父も多彩。

ローレルゲレイロフィガロトランセンドトーセンモナークの産駒までいて、ダメ押しはアジュディミツオー産駒。

こういう血統の多彩さが地方競馬の面白さだと思うのは僕だけでしょうか。

優駿スプリントの予想

◎ヴァルラーム

○ロイヤルビクトリー

▲ホールドユアハンド

△ポットギル

前走ハイペースで先行して2着に粘りこんだヴァルラーム

1200m実績は出走メンバーの中でも最上位クラス。

コンビを組んできた柏木騎手がケガのため乗れず、今回は真島騎手とのコンビ。

上記の通り、真島騎手はこのコースでも好成績を残していますし、キンシャサノキセキ産駒も好成績

諸々、好走条件が重なっていると思います。

自信の本命を打ちたいと思います。

以下、前走ヴァルラームを下しているロイヤルビクトリーを相手本線に、重賞勝ち馬で実績上位のホールドユアハンド、矢野騎手騎乗で1200m戦は向いていそうなポットギルまで押さえたいと思います。

昨年の大波乱が頭をよぎるので、伏兵の台頭に注意を払いたいところではありますが、上位は安定している、と判断します。

コメント