2018/7/5 川崎11R スパーキングレディーカップの予想

スポンサーリンク

今週の話題

今週も一週間がはじまりましたね。

早速、今夜、サッカーワールドカップの日本戦があります。

ベルギーはかなり強いようですが、勝負は何が起こるかわかりません。

明日の朝、朗報がもたらされることを期待しましょう。

一方、競馬界の今週の話題は、なんといっても、オジュウチョウサンの平地挑戦ですね。

除外の危機も伝えられていましたが、結局フルゲートの頭数を下回り、開成山特別に出走できそうです。

障害史上最強の呼び声高いオジュウチョウサンが、平地に出たらどんな結果になるのか。

ホント、競馬ファンの興味を引くテーマだと思います。

ダートグレードレースもあります

オジュウチョウサンの話題にかき消されている感はありますが、今週はダートグレードレースが組まれています。

木曜日の川崎で開催される、牝馬限定戦、スパーキングレディースカップです。

出走は13頭。うち4頭が中央馬です。

手薄な中央勢

メンバーをみると、いつになく中央勢が手薄に見えます。

4頭中3頭が重賞勝ち馬ですが、このうちラビットランは芝のローズSの勝ち馬。

ダートデビュー馬ではありますが、上位クラスでのダートの実績はありません。

また、リエノテソーロはGI馬ではありますが、2歳時の話。

途中NHKマイル2着という実績はあるものの、2歳時に勝ってから9戦勝ち鞍がありません。

もう1頭の重賞勝ち馬ワンミリオンスも、もう1年以上重賞での勝ち鞍はなく、前走オープン特別でも5着でした。

勢いのある中央勢はいないと見ていいでしょう。

しかもラビットランとワンミリオンスは57キロ

さすがにこれは厳しいのではないでしょうか。

いつになく層が厚い地方勢

一方、地方勢はメンバーが揃いました。

今年のTCK女王杯2着のブランシェクール。

前走しらさぎ賞勝ちラーゴブルー。

ダートグレードレースの常連ラインハート。

と、先に挙げた中央勢と並べても遜色ないメンバーだと思います。

これは地方勢にとってチャンスかもしれません。

強い相手に好走を見せたこの馬を本命に

そんな地方勢が有力視される中で本命に据えたいのは、御神本騎手騎乗の、

ブランシェクール

です。

前走報知新聞皐月杯は2着に敗れましたが、勝ったのは京成盃グランドマイラーズを圧勝したキングガンズラング。

ここは相手が強かったと言えるでしょう。

地方転入後3戦目ですが、確実に力をつけており、最内枠という川崎では有利な条件を引いたのもラッキーです。

純粋な地方馬とは言えませんが、地方馬がダートグレードレースを制した!というシーンを見たいものです。

馬券戦略は難解

本命はブランシェクールでいいんですが、相手が難しいですね。

中央勢の中で一発を期待したいのはリエノテソーロでしょうか。

川崎コースは2歳時とは言え実績がありますし、久々のダートで復活するかもしれません。

あとは地方勢から。

少し間隔は開いたものの、堅実な走りを見せる吉原寛人騎手騎乗のラーゴブルー

前走+20キロで10着と大敗したラインハート

馬体が絞れれば有力な一頭になるでしょうから、相手に入れておきましょう。

馬複で1から3、5、7へ流したいと思います。

地方馬はここがチャンス

何度も言いますが、地方勢はここがチャンスです。

来週はジャパンダートダービーもありますから、地方馬がここで勝って、弾みをつけてほしいものです。