【地方競馬予想】2019年6月18日 船橋11R 短夜賞

週末に日本の競馬界に激震が走りました。

競走馬に与えられる飼料添加物「グリーンカル」から、禁止薬物のテオブロミンが検出され、中央競馬では、同添加物を与えられた可能性のある馬が大量に競争除外となりました。

余波は地方にも及び、日曜日の金沢競馬では除外が続出。

明け月曜日からの船橋競馬でも、相当数の馬が除外などの影響を受けることになりそうです。

そんな暗い影を落とした中での船橋開催。

開催のメインは水曜日の重賞・京成盃グランドマイラーズですが、火曜日のメイン・短夜賞も好メンバーが揃いました。

暗いニュースを取り払うくらいの好レースが期待できそうなので、このレースを今回は予想したいと思います。

短夜賞の出走は10頭。

距離は1800mで行われるオープン特別です。

それでは早速、船橋の1800mについて、特徴を分析していきましょう。

例によって、データは2016年以降、2019年5月8日までのものを用いています。

船橋1800mの傾向と対策

脚質×馬番別成績

  勝率 連対率 複勝率
1-7 7.5% 14.8% 23.5%
逃げ 23.5% 33.3% 43.1%
先行 10.9% 21.7% 33.7%
差し 5.7% 13.6% 22.7%
追込 0.0% 1.9% 6.6%
8-14 9.6% 19.5% 27.5%
逃げ 16.7% 31.3% 39.6%
先行 16.0% 28.4% 35.8%
差し 6.2% 15.9% 26.5%
追込 1.7% 5.0% 8.3%

全体的にはやや外枠有利。

逃げるなら内枠有利。後ろから行くなら外枠有利。

騎手成績

勝率順 騎手名 騎乗回数 勝率 連対率 複勝率
1 田中力  10 30.0% 40.0% 40.0%
2 真島大輔 26 23.1% 30.8% 34.6%
3 柏木健宏 11 18.2% 18.2% 18.2%
4 森泰斗  40 17.5% 25.0% 35.0%
5 左海誠二 23 17.4% 21.7% 30.4%
6 中野省吾 26 15.4% 19.2% 46.2%
7 矢野貴之 27 14.8% 22.2% 33.3%
8 御神本訓 15 13.3% 33.3% 53.3%
9 張田昂  11 9.1% 9.1% 9.1%
10 本田正重 34 8.8% 35.3% 47.1%

騎乗回数10回以上の騎手を抽出。

赤字は短夜賞で騎乗する騎手。

この条件で上位の騎手はほとんど騎乗していますね。

柏木騎手がいないのが残念。

でも、意識が戻ったようで、本当に良かったです。

勝率面から行くと真島騎手、馬券圏内という観点では御神本騎手でしょうか。

種牡馬成績

勝率順 種牡馬名 出走回数 勝率 連対率 複勝率
1 マンハッタンカフェ 25 20.0% 32.0% 44.0%
2 ディープインパクト 11 18.2% 27.3% 27.3%
3 ゼンノロブロイ 12 16.7% 16.7% 25.0%
4 ステイゴールド 19 15.8% 26.3% 42.1%
5 スパイキュール 13 15.4% 38.5% 53.8%
6 ゴールドアリュール 28 14.3% 25.0% 28.6%
7 パイロ 15 13.3% 26.7% 40.0%
8 メイショウサムソン 23 13.0% 30.4% 39.1%
9 エンパイアメーカー 16 12.5% 18.8% 31.3%
10 サウスヴィグラス 17 11.8% 29.4% 35.3%

産駒の出走回数10回以上を抽出。

赤字は今回の短夜賞に産駒を出走させる種牡馬。

地味ですが、スパイキュール産駒が気を吐いていますね。

スパイキュールの代表産駒と言えばカツゲキキトキトですが、地方競馬ではカツゲキキトキトをはじめ、いい馬をけっこう輩出している種牡馬です。

短夜賞の予想

◎ヤマノファイト

◯マルヒロナッツオー

▲エピカリス

好メンバー揃いで、どの馬から入るか難しい一戦。

近走奮わないものの、相手関係が一気に楽になったヤマノファイトから入りたいと思います。

ここ3戦、馬券内に絡むことができていないヤマノファイト。

しかしながら、この3戦がいずれも好メンバーが揃った重賞だったことを考えると、今回はいくらオープン特別としてはメンバーが揃ったとはいえ、格段にレベルは下がります。

距離についても、羽田盃を制していることなどから言って、この1800m前後はベストの距離。

左回りも報知オールスターカップを制していますから、全く問題ありません。

今回は乗り馴れた本橋騎手からの乗り替わりで、高知の帝王・赤岡騎手が騎乗。

この点も強調材料のひとつです。

以下、船橋なら大きく崩れない、マルヒロナッツオー、久々ながら調教の動きも上々で、復活が期待されるエピカリスを挙げます。

混戦ムードとは言え、10頭立てですから、点数は絞り込んで馬券を買いたいですね。

コメント