2018/7/1 高知7R トレノ賞の予想

スポンサーリンク

帝王賞が終わってひと段落?の地方競馬

いやあ、今年の帝王賞は見ごたえがありましたねえ。ゴールドドリームケイティブレイブのたたき合い。素晴らしかったです。

地方勢も頑張りました。リッカルドが4着、ヒガシウィルウィンが5着。

そして名古屋の雄・カツゲキキトキトも中央勢に先着しての7着

これは誇れる内容ではないでしょうか。

上位2頭の強さも際立ちましたが、地方勢もまだまだやれる、というところを見せたレースだったと思います。

さて、帝王賞が終わると、地方競馬も夏競馬ムードだと思うのは僕だけでしょうか。

まあ、再来週にはジャパンダートダービーもありますから、地方競馬にひと段落も何もないかもしれませんね。

高知・下村瑠衣騎手が引退

さて、今週は高知競馬ファンにとって、とても悲しい週でもあります。

高知所属の女性騎手、下村瑠衣騎手が、7/1で騎手を引退してしまいます。

下村騎手と言えば、最初ホッカイドウ競馬でデビューして、福山競馬に移り、福山廃止後は高知競馬に来たという苦労人。

なんとなくではありますが、一発逆転ファイナルレースの穴馬を持ってくる印象があります。

ここのところ騎乗数も減っていましたし、ちょっと気にはなっていましたが、とても残念ですね。

騎手引退後は競馬関係の仕事をするのでしょうか。

是非、第2の人生もがんばってもらいたいものです。

高知競馬の重賞・トレノ賞

そんな高知競馬では、下村騎手引退の日に、重賞・トレノ賞が開催されます。

なんで高知競馬でイタリアの都市・トレノなんだろう?と思って、名前の由来を調べてみましたが、どうやらイタリアの都市とは関係なく、単純にスペイン語で「雷鳴」から取っているとのこと。

じゃあ、なんで「雷鳴」なんでしょうか・・・。

そのあたりはよくわかりませんが、梅雨時で、雨が降り、雷鳴が轟くことが多いから、なんてところでしょうか。(適当)

距離は高知ではスタンダードな距離である1300m。9頭が出走します。

ティアップリバティに何があったのか?

連休の福永洋一記念を制したティアップリバティ

高知競馬でも屈指の実力を誇る馬ですが、福永洋一記念を制してから2戦連続で取り消して、久々の出走となります。

出走を2戦も取り消した事情はよくわかりませんが、こういう頓挫があった後だと、ちょっと買いにくいですね。

実力はメンバー中No1だと思いますが。

パール特別とトーセンジョーダン賞をどう評価する?

前走比較でカギになりそうなのは6/17のパール特別、そして6/3のトーセンジョーダン賞でしょう。

1600mのパール特別を制したのはウォーターサルーン。2着がワイルドコットン

同じく1600mのトーセンジョーダン賞を制したのはワイルドコットンで、2着がサクラインザスカイ

ちなみにウォーターサルーンはトーセンジョーダン賞で4着でした。

この力関係をどう評価するかで、このレースの予想が決まってくると言っても過言ではありません。

そうはいっても、どっちのレースも1600m戦

パール特別とトーセンジョーダン賞が、トレノ賞の重要なステップレースであることは間違いありません。

ただ、一方でパール特別もトーセンジョーダン賞も、1600m戦なんですよね。

今回のトレノ賞は、1300m戦です。

たかだ300m。されど300m。

なので、あまりパール特別とトーセンジョーダン賞にこだわっていると痛い目に遭いそうな気がします。

ちなみに、昨年のトレノ賞にも出走していたワイルドコットンは勝ち馬から0.5秒差の4着に敗れています。

ただ、このときは勝ったのがヒロノカイザーで、2着がセトノプロミス。3着はカッサイと、高知競馬の中ではかなりの好メンバー。

そのときのメンバーと比べると、今回は少しレベルが落ちると思います。

じゃあ、距離適性で選ぶの?

1300mという距離適性でメンバーを見てみると、ホストがここのところ1300m戦で4連勝中です。

こう見ると、距離適性がありそうですね。

しかしながら、実はこれ、C-3クラスの成績。

ホストはもともとAクラスにいたほどの実力馬。編成替えでC-3クラスに落ちていただけなので、この成績はあまり当てにならないと思います。

迷走した結果の結論は?

なんだかんだいろいろ書いてきましたが、要は何を言いたいのかというと、上位人気を構成しそうな馬たちには、それぞれ不安要素があるよ、ということです。

したがって、不安要素ができるだけ少なく、むしろプラス要素がある馬を探せばいい、ということになります。

そこで、今回本命に推したいのは、

コスタアレグレ

です。

この馬も不安要素がないわけではありません。

むしろ、不安要素は多数あります。

乗り替わり、ダートグレードレースとはいえ前走の大敗、北海道からの輸送直後、などなど。

でもそれを補って余りある、1300mへの適性と能力の高さがあると思います。

そもそも中央で1600万下にいたくらいの馬ですから、高知に来たら無双するのは当然と言えるでしょう。

下村騎手が引退で、いよいよ高知競馬唯一の女性騎手となる別府麻衣騎手に、ぜひここで重賞を取ってもらって、下村騎手へのエールにしてもらいたいものです。

少頭数なので、買い目は絞りたい

9頭立てと少頭数なので、馬券の買い目は絞りたいですね。

いつもは馬複5頭ボックスで勝負していますが、今回は1頭減らして4頭ボックスで行きたいと思います。

コスタアレグレを除く残りの3頭ですが、ここのところ1600m戦中心で使われているものの、本来は1300mか1400mが向きそうなサクラインザスカイ

園田から送り込まれた刺客、バズーカ

そして、短い距離なら上位陣に食い込めそうな実力を持つギンパリを挙げ、3.4.7.9のボックスとしたいと思います。

点数を抑えてきっちり当てる。

そんなギャンブラーになりたいもんですねぇ。