高知競馬「一発逆転ファイナルレース」を徹底攻略する ~騎手編③~

僕が毎週、毎週、「戦い」を挑んでは敗れてばかりの、

高知競馬「一発逆転ファイナルレース」

この一発逆転ファイナルレースを攻略してやろうと一念発起して、前2回、「騎手」について傾向分析をしてみました。

 

高知競馬「一発逆転ファイナルレース」を徹底攻略する ~騎手編①~
僕が愛してやまないレース。 高知競馬の 「一発逆転ファイナルレース」 愛してやまないレースにもかかわらず、いつも苦杯をなめてば...

 

高知競馬「一発逆転ファイナルレース」を徹底攻略する ~騎手編②~
僕が愛してやまない、高知競馬の名物レース「一発逆転ファイナルレース」 前回は騎手編①と題し、騎手の面から傾向と対策を分析しました。 ...

 

これまでの分析で、だいぶ攻略の手がかりがつかめてきた気もしますが、こんなレベルで攻略できるほど一発逆転ファイナルレースは甘くありません。

攻略の手を緩めず、今回も騎手に着目して、分析していきたいと思います。

スポンサーリンク

馬場状態に着目する

今回、まず着目したいのは馬場状態。

高知競馬場は、水はけが悪いこともあり、良馬場で行われることが少ない競馬場。

だいたいが重か稍重で行われます。

たまに良馬場だったりすると、レースの傾向がガラッと変わったりするので、非常に厄介なのですが、この馬場状態による騎手の得意不得意を分析してみよう、というわけです。

例によって、前回、前々回「ファイナルでよく来る騎手」として取り上げた6騎手について、馬場状態別の成績を分析してみたいと思います。

妹尾浩一朗

妹尾浩一 勝率 連対率 複勝率
ファイナルレース 13.3% 21.9% 31.3%
7.7% 7.7% 23.1%
稍重 20.0% 20.0% 30.0%
15.8% 24.6% 38.6%
不良 7.9% 23.7% 23.7%
ファイナルレース以外 5.0% 10.7% 19.4%
4.4% 10.6% 18.3%
稍重 3.0% 7.9% 19.4%
5.4% 10.7% 19.0%
不良 5.4% 11.9% 20.5%

ファイナル御用達騎手・妹尾騎手ですが、馬場状態別の成績を見ると、稍重・重での好成績が目立ちます。

逆に不良馬場になると、やや信頼度は落ちるようですね。

大澤誠志郎

大澤誠志 勝率 連対率 複勝率
ファイナルレース 6.6% 10.7% 14.9%
5.0% 5.0% 15.0%
稍重 10.0% 30.0% 30.0%
7.0% 10.5% 15.8%
不良 5.9% 8.8% 8.8%
ファイナルレース以外 2.3% 6.3% 12.4%
0.6% 3.4% 9.1%
稍重 4.7% 9.3% 18.7%
2.2% 6.0% 11.7%
不良 2.6% 7.7% 13.1%

大澤騎手は明らかに稍重のときの成績がいいですね。

木村直輝

木村直輝 勝率 連対率 複勝率
ファイナルレース 6.9% 16.7% 25.0%
0.0% 13.3% 20.0%
稍重 20.0% 20.0% 40.0%
7.7% 15.4% 19.2%
不良 4.8% 19.0% 28.6%
ファイナルレース以外 6.0% 13.2% 21.5%
4.3% 12.3% 17.8%
稍重 8.5% 12.2% 22.0%
5.6% 13.6% 24.4%
不良 6.8% 14.4% 21.2%

木村騎手も大澤騎手同様、稍重での成績がいいですね。

郷間勇太

郷間勇太 勝率 連対率 複勝率
ファイナルレース 12.2% 19.4% 28.3%
8.3% 25.0% 37.5%
稍重 19.2% 19.2% 23.1%
11.6% 19.8% 27.9%
不良 11.4% 15.9% 27.3%
ファイナルレース以外 8.0% 17.1% 26.3%
6.1% 17.5% 25.9%
稍重 8.2% 16.4% 24.0%
7.8% 16.6% 26.5%
不良 9.3% 18.0% 27.0%

郷間騎手も基本的には稍重が好成績ですが、他の騎手と比べると、重や不良でも好成績が目立ちます。

オールマイティ型ととらえておいてよさそうです。

上田将司

上田将司 勝率 連対率 複勝率
ファイナルレース 10.1% 21.8% 30.0%
6.7% 15.6% 22.2%
稍重 6.9% 31.0% 37.9%
8.8% 17.7% 26.5%
不良 15.7% 28.6% 37.1%
ファイナルレース以外 7.9% 18.1% 29.4%
9.6% 21.6% 32.6%
稍重 8.6% 15.7% 30.2%
7.8% 18.4% 27.7%
不良 6.7% 16.7% 29.8%

上田騎手は面白い傾向が出ていますね。

不良馬場のときの成績が好成績のようです。

不良馬場のときに上田騎手が出てきたら要注意です。

山頭信義

山頭信義 勝率 連対率 複勝率
ファイナルレース 4.3% 11.0% 16.0%
10.5% 31.6% 36.8%
稍重 5.0% 10.0% 20.0%
3.8% 10.3% 14.1%
不良 2.2% 4.3% 8.7%
ファイナルレース以外 1.5% 5.0% 11.5%
2.3% 8.5% 16.0%
稍重 1.9% 5.7% 13.2%
1.2% 4.1% 9.6%
不良 1.2% 4.2% 11.2%

「ガシラ」はもっと面白い結果に。

良馬場になると、急に成績が上がるんですね。

先述のとおり、ほとんど良馬場になることがない高知競馬場。

ただ、その良馬場になったときには、ここぞとばかりに山頭騎手を狙う、というのはありかもしれません。

枠の内・外に着目する

次に着目したいのは枠の内か外かによる、騎手の得意・不得意。

一般的な競馬場、特にコーナーがキツイ地方競馬の競馬場では、内枠が有利なことがほとんど。

ところが高知競馬場は、一般的に外枠が有利だと言われています。

内に砂が厚く盛られていることとが最大の要因ですが、これも毎回の馬場状態次第で、けっこう変わります。

西川敏弘騎手や、「山頭スペシャル」でおなじみの山頭信義騎手のように、イン突きを得意とする騎手もいて、高知競馬が一筋縄でいかない要因の一つでもあります。

というわけで、一発逆転ファイナルレースを攻略する上で見逃せない、枠の内・外による騎手成績を分析してみたいと思います。

妹尾浩一朗

妹尾浩一朗 勝率 連対率 複勝率
ファイナルレース 13.3% 21.9% 31.3%
1 26.7% 33.3% 40.0%
2 0.0% 0.0% 10.0%
3 31.3% 43.8% 43.8%
4 0.0% 22.2% 22.2%
5 0.0% 12.5% 25.0%
6 11.1% 22.2% 33.3%
7 13.3% 20.0% 40.0%
8 25.0% 25.0% 37.5%
9 5.0% 20.0% 25.0%
10 0.0% 0.0% 28.6%
11 11.1% 11.1% 11.1%
12 50.0% 50.0% 100.0%

馬番が3番のときに好成績。

全体的に内枠のほうが好成績と言えるのではないでしょうか。

ちなみに大外12番は2回しかない騎乗のため、参考外

大澤誠志郎

大澤誠志郎 勝率 連対率 複勝率
ファイナルレース 6.6% 10.7% 14.9%
1 0.0% 0.0% 20.0%
2 0.0% 10.0% 10.0%
3 0.0% 0.0% 0.0%
4 14.3% 14.3% 14.3%
5 10.0% 40.0% 50.0%
6 14.3% 14.3% 21.4%
7 0.0% 0.0% 0.0%
8 14.3% 14.3% 14.3%
9 5.9% 5.9% 11.8%
10 9.1% 9.1% 9.1%
11 0.0% 6.3% 6.3%
12 20.0% 20.0% 20.0%

4~6番の比較的真ん中目が好成績。

逆に内枠はほとんど狙えないと言えるでしょう。

木村直輝

木村直輝 勝率 連対率 複勝率
ファイナルレース 6.9% 16.7% 25.0%
1 16.7% 16.7% 50.0%
2 9.1% 27.3% 27.3%
3 0.0% 0.0% 20.0%
4 0.0% 0.0% 14.3%
5 0.0% 25.0% 37.5%
6 28.6% 57.1% 57.1%
7 0.0% 33.3% 33.3%
8 0.0% 0.0% 10.0%
9 0.0% 0.0% 0.0%
10 16.7% 16.7% 16.7%
11 0.0% 0.0% 0.0%

12番での出走実績はありません。

6番が異常に好成績ですね。

何かあるのでしょうか。

郷間勇太

郷間勇太 勝率 連対率 複勝率
ファイナルレース 12.2% 19.4% 28.3%
1 5.3% 21.1% 31.6%
2 11.8% 11.8% 17.6%
3 21.4% 28.6% 35.7%
4 16.7% 27.8% 33.3%
5 15.0% 25.0% 40.0%
6 16.7% 22.2% 33.3%
7 12.5% 12.5% 25.0%
8 12.5% 18.8% 31.3%
9 9.1% 18.2% 18.2%
10 7.1% 14.3% 21.4%
11 10.0% 10.0% 20.0%
12 0.0% 14.3% 14.3%

郷間騎手も比較的真ん中目の馬番で好成績。

3番が特に好成績ですね。

上田将司

上田将司 勝率 連対率 複勝率
ファイナルレース 10.1% 21.8% 30.0%
1 21.7% 26.1% 34.8%
2 9.5% 23.8% 38.1%
3 6.5% 16.1% 25.8%
4 8.7% 17.4% 21.7%
5 4.2% 20.8% 25.0%
6 7.1% 21.4% 21.4%
7 0.0% 4.5% 22.7%
8 7.7% 23.1% 26.9%
9 28.0% 44.0% 56.0%
10 9.1% 18.2% 22.7%
11 6.3% 18.8% 18.8%
12 10.0% 30.0% 50.0%

上田騎手も特定の馬番で好成績。

最内1番か9番が好成績です。

山頭信義

山頭信義 勝率 連対率 複勝率
ファイナルレース 4.3% 11.0% 16.0%
1 0.0% 0.0% 5.3%
2 0.0% 0.0% 5.6%
3 14.3% 14.3% 21.4%
4 0.0% 0.0% 7.7%
5 0.0% 10.0% 10.0%
6 9.5% 23.8% 23.8%
7 18.2% 36.4% 45.5%
8 5.0% 15.0% 25.0%
9 0.0% 8.3% 8.3%
10 0.0% 10.0% 20.0%
11 0.0% 0.0% 0.0%
12 0.0% 11.1% 11.1%

イン突きの山頭騎手ですが、好成績を残しているのは3番と7番。

騎乗回数が少ないのもありますが、外枠はあまり好成績ではありません。

まとめ

ということで、今回も騎手を手掛かりに、一発逆転ファイナルレースを徹底分析してみました。

だいぶ傾向がわかってきた気がするのは僕だけでしょうか。

ただし、繰り返しになりますが、そう簡単に攻略できるほど、一発逆転ファイナルレースは甘くありません。

ここまでの分析は、ややファイナルを得意とする騎手の分析に偏ったところがありました。

したがって、次回はリーディング上位の騎手が、一発逆転ファイナルレースで馬券内に来ないケースがどういうケースなのかを探ってみたいと思います。

コメント