高知競馬「一発逆転ファイナルレース」を徹底攻略する ~騎手編②~

僕が愛してやまない、高知競馬の名物レース「一発逆転ファイナルレース」

前回は騎手編①と題し、騎手の面から傾向と対策を分析しました。

高知競馬「一発逆転ファイナルレース」を徹底攻略する ~騎手編①~
僕が愛してやまないレース。 高知競馬の 「一発逆転ファイナルレース」 愛してやまないレースにもかかわらず、いつも苦杯をなめてば...

 

今回は騎手編②と題し、前回の分析で明らかになった、

「ファイナルでよく来る騎手」

の特徴を深堀りしたいと思います。

 

スポンサーリンク

騎手が得意とする距離

「一発逆転ファイナルレース」は、常に一定のクラス条件、距離で行われるわけではありません。

開催によってはAクラスで行われたり、1600m戦で行われたりします。

ただ、ほとんどはC3クラスの1300m戦か1400m戦で行われます。

 

ここで、高知競馬をあまり見ない人は、

1300mも1400mも100mしか違わないんだから、大差ないだろう

と思うかもしれません。

 

とんでもありません。

たった100mしか違わないのに、大きく傾向が変わってくるのが、高知競馬の魅力であり難しいところ。

当然、騎手にも得意・不得意が出てきます。

というわけで、「ファイナルでよく来る騎手」たちが、1300mと1400mのどちらを得意としているか、分析してみたいと思います。

妹尾浩一朗

妹尾浩一朗 勝率 連対率 複勝率
ファイナルレース 13.7% 21.8% 30.6%
1300 13.8% 20.0% 30.0%
1400 13.6% 25.0% 31.8%
ファイナルレース以外 5.0% 10.8% 19.4%
1300 5.7% 11.7% 21.2%
1400 3.9% 9.2% 16.3%

まずは、前回の記事で、もっとも「ファイナルでよく来る騎手」だとわかった妹尾浩一朗騎手から。

ファイナルレースでの成績を見てみると、勝率こそ1300mの方が若干上ですが、連対率・複勝率では1400mの方が上です。

また、ファイナルレース以外のレースの成績と比較しても、ファイナルになったときの成績の上り幅が1400mの方が上です。

つまり、妹尾浩一朗騎手は、1400mのファイナルレースに強い、ということが言えます。

大澤誠志郎

大澤誠志郎 勝率 連対率 複勝率
ファイナルレース 7.0% 11.3% 14.8%
1300 8.3% 14.3% 17.9%
1400 3.2% 3.2% 6.5%
ファイナルレース以外 2.3% 6.6% 12.8%
1300 2.1% 6.8% 13.2%
1400 2.7% 6.4% 11.9%

次に、前回の記事で妹尾騎手に次ぐファイナルレースでの成績の上り幅が大きかった大澤誠志郎騎手。

ファイナルレースでの距離別成績を見てみると、1400mよりも1300mのほうが圧倒的に成績がいいですね。

ファイナルレース以外のレースとの比較でも、やはり1300mのほうが上り幅が大きいようで、むしろ連対率や複勝率は1400mで大きく下がってしまいます。

つまり、大澤誠志郎騎手は、1300mのファイナルレースに強い、ということが言えます。

木村直輝

木村直輝 勝率 連対率 複勝率
ファイナルレース 6.1% 16.7% 25.8%
1300 9.3% 16.3% 23.3%
1400 0.0% 17.4% 30.4%
ファイナルレース以外 5.8% 13.5% 20.9%
1300 6.4% 13.8% 21.9%
1400 5.0% 13.0% 19.7%

僕が最近イチオシの騎手の一人、木村直輝騎手。

彼も「ファイナルでよく来る騎手」の一人ですが、距離別成績を見てみると、極端な傾向がうかがえます。

なんと、1400mのファイナルレースでは勝ち星なし。

ただし、連対率と複勝率は1300mを上回ります。

キムチョクは1400mのファイナルレースの頭では買っていけない、ということが言えるのではないでしょうか。

郷間勇太

郷間勇太 勝率 連対率 複勝率
ファイナルレース 12.3% 19.3% 28.7%
1300 8.7% 15.4% 25.0%
1400 17.9% 25.4% 34.3%
ファイナルレース以外 8.3% 17.4% 26.2%
1300 7.7% 17.4% 26.7%
1400 9.1% 17.4% 25.4%

最近、ファイナルレースだけでなく、リーディング上位にも顔をのぞかせつつある郷間騎手。

彼の魅力はなんといっても、迫力のあるフォーム。

高知競馬随一のハードヒッターではないでしょうか。

そんな郷間騎手のファイナルレースでの成績を見てみると、1400mでの成績が良いですね。

ファイナルレース以外でも1400mの方がどちらかというと好成績なのですが、ファイナルレースになると、それが顕著になります。

郷間騎手は1400mのファイナルレースで狙ったほうがよさそうです。

上田将司

上田将司 勝率 連対率 複勝率
ファイナルレース 9.5% 21.0% 28.8%
1300 10.8% 20.9% 28.5%
1400 7.1% 21.2% 29.4%
ファイナルレース以外 8.2% 18.4% 29.7%
1300 6.2% 16.2% 27.2%
1400 11.0% 21.4% 33.2%

いぶし銀というイメージの上田騎手。

上田騎手のファイナルレースの成績を見てみると、勝率は1300mの方がいいのですが、連対率・複勝率は1400mのほうがいい、という結果になっています。

ファイナルレース以外のレースからの上り幅で見ると、1300mは大きく勝率が上がりますが、1400mは逆に下がる結果に。

あまりはっきりした傾向とはいえないものの、上田騎手はどちらかというと1300mがねらい目、ということが言えそうです。

山頭信義

山頭信義 勝率 連対率 複勝率
ファイナルレース 4.5% 11.5% 16.7%
1300 5.7% 13.2% 17.9%
1400 2.0% 8.0% 14.0%
ファイナルレース以外 1.6% 5.1% 11.1%
1300 1.4% 6.0% 12.4%
1400 1.8% 3.5% 8.5%

ガシラ」の愛称でおなじみの山頭信義騎手。

「山頭スペシャル」と言われるイン突きが有名ですが、ファイナルレースの成績を見てみると、1300mの成績が断然。

ファイナルレース以外のレースとの比較でも1300mのファイナルでの上り幅がきわめて大きくなっています。

山頭騎手は1300mでねらい目、と覚えておきましょう。

まとめ

ということで、「ファイナルでよく来る騎手」について、その得意とする距離を分析してみました。

それによると、

1300m戦を得意とする騎手 大澤誠志郎、上田将司、山頭信義、(木村直輝)
1400m戦を得意とする騎手 妹尾浩一朗、郷間勇太

という分類ができそうです。

ふむふむ、これだけでも、だいぶファイナルレース攻略の手がかりが見えてきた気がします。

次回も、騎手の面からファイナルレースを分析してみたいと思います。

コメント