【地方競馬予想】2019年5月12日 佐賀11R 佐賀スプリングカップ

最近、続々と中央の実績馬が地方に転出しています。

先日、ノンコノユメが南関に転入するというニュースがありました。

ノンコノユメが登録抹消、大井・荒山勝徳厩舎へ移籍
 昨年のフェブラリーS勝ち馬で、3月30日のゴドルフィンマイルで10着だったノンコノユメ(美・加藤征、セン7)が8日、競走馬登録を抹消された。27戦8勝(うち地方7戦1勝、海外1戦0勝)で、前記のGIに加えて2015年ジャパンダートダービーなど重賞5勝。獲得賞金は4億4966万1000円(うち地方9805万円)。今後は...

先に船橋に転入したサウンドトゥルーに続き、中央GI馬の地方転入です。

 

最近は地方競馬も売上が大幅に伸びていて、賞金も高くなってきました。

それがこういう形で中央強豪馬の転入を促すなら喜ばしいこと。

 

もちろん、地方生え抜きの馬にも頑張ってほしいですね。

 

そんな中央強豪馬の地方転入例のひとつ、佐賀のグレイトパール。

12日(日)の佐賀スプリングカップに出走します。

 

佐賀スプリングカップは距離1800mの重賞。

出走は11頭です。

例によって、佐賀1800mの特徴から見ていきましょう。

スポンサーリンク

佐賀1800mの特徴

馬番別成績

馬番 勝率 連対率 複勝率
1 6.5% 14.2% 23.2%
2 10.8% 22.9% 35.7%
3 8.2% 20.9% 32.9%
4 11.5% 21.2% 32.7%
5 12.3% 25.2% 32.9%
6 10.4% 19.5% 28.6%
7 12.1% 20.8% 32.2%
8 8.2% 18.5% 30.8%
9 11.6% 18.6% 28.7%
10 13.9% 27.7% 36.6%
11 7.7% 17.3% 23.1%
12 11.1% 22.2% 27.8%

やや内枠が不利?

脚質別成績

  勝率 連対率 複勝率
逃げ 26.5% 43.7% 55.7%
先行 16.7% 33.2% 47.7%
差し 8.2% 18.4% 30.1%
追込 2.2% 5.7% 11.1%

他の競馬場同様、逃げ先行有利であるものの、差しも率としては悪くありません。

出走騎手成績

馬番 騎手 勝率 連対率 複勝率
1 山口勲  27.7% 46.7% 59.1%
2 鮫島克也 8.8% 19.3% 36.8%
3 川島拓  7.2% 16.9% 28.9%
4 竹吉徹  8.3% 20.8% 26.0%
5 石川駿介 0.0% 0.0% 0.0%
6 田中直人 4.6% 10.8% 13.8%
7 出水拓人 17.6% 17.6% 29.4%
8 児島真二 10.3% 21.8% 32.2%
9 吉本隆記 0.0% 0.0% 0.0%
10 山下裕貴 5.5% 14.5% 18.2%
11 長田進仁 4.9% 14.8% 19.7%

ミスターほとんどパーフェクト」こと山口勲騎手の成績がダントツ。

種牡馬成績

馬番 種牡馬 勝率 連対率 複勝率
1 アッミラーレ 10.3% 23.1% 28.2%
2 キングカメハメハ 19.4% 41.7% 50.0%
3 サウスヴィグラス 11.4% 22.9% 25.7%
4 ネオユニヴァース 10.0% 22.0% 36.0%
5 フォーティナイナーズサン 25.0% 25.0% 45.0%
6 シンボリクリスエス 13.8% 24.1% 37.9%
7 ロージズインメイ 11.1% 27.8% 41.7%
8 サウスヴィグラス 11.4% 22.9% 25.7%
9 ヴィクトワールピサ 13.3% 20.0% 33.3%
10 アグネスデジタル 14.3% 21.4% 28.6%
11 Pivotal 0.0% 9.1% 27.3%

出走数は少ないものの、フォーティナイナーズサンが好成績。

そしてキンカメ。

佐賀スプリングカップの予想

◎グレイトパール

○キングプライド

▲スーパーノヴァ

 

前走オグリキャップ記念はチグハグなレースぶりの印象。

不安はなくはないです。

とはいえ、ここでは圧倒的に力が違います。

グレイトパール本命で仕方ないでしょう。

 

相手探しが難しいのですが、サウスヴィグラス産駒の2頭をピックアップ。

サウスヴィグラス産駒の成績は、それほどいいというわけではありません。

とはいえ、前に行ける脚質で1800m実績を踏まえると、印を打った2頭で仕方ありません。

 

きわめて順当に決着すると見ました。

コメント