2018/6/26 大井11R 優駿スプリントの予想

雨のせいで難しかった今週の船橋開催

今週の船橋開催は、雨が続いて馬場状態が良くなく、展開が読みづらくて難しいレースが多かった気がします。

この週末も雨がしとしと降っている関東地方ですが、週が明けるとどうやら天気は良くなるようですね。

週明けの月曜日はかなり気温が上がるとか。

もう6月も終わりですからね。夏が近づいてきている気がします。

帝王賞ウィークの大井競馬

さて、船橋開催の次は大井開催です。

正確に言うと、浦和→大井のリレー開催がありますから、浦和と大井の開催週ということになりますね。

注目は何といっても、上半期ダート競馬の総決算、帝王賞です。

メンバーを見ると、私の大好きなカツゲキキトキトの名前があるではないですか!

本当に出走するのか、出走してもさすがにこのメンバーではキツイと思いますが、カツゲキキトキトが出る、それだけでも注目の一戦ですね。

帝王賞の1日前に開催される3歳重賞

その帝王賞の1日前に開催されるのが、3歳の重賞、優駿スプリントです。

出走はフルゲート16頭。1200mで争われます。

クラシック路線とは一線を画した路線ではありますが、これはこれで面白いと思いますし、メンバー的にも予想のし応えがあるというか、難解かつ楽しみなメンバーがそろいました。

文男さんのいない大井競馬・・・

おそらく1番人気になると思われるのが、前走、優駿スプリントトライアルを制したラルウアだと思います。

鞍上は横川怜央騎手なのですが、実はこのラルウア、前走までは我らが大井の帝王、的場文男騎手が騎乗していたんですよね。

で、何で今回乗り替わりなのかというと、文男さんの落馬負傷によるもの。

的場文男騎手の負傷について(TCK)

正直、この落馬負傷がなければ、今頃、記録達成のカウントダウンに入っていて、それこそこの優駿スプリントのラルウアで記録達成!みたいなことになっていたのではないかと思うのですが、なかなか上手くいかないもんですね。

どうやら復帰はジャパンダートダービーのあたりになりそうとのこと。日本競馬のレジェンドオブレジェンドの一日も早い復帰を期待したいところです。

横川騎手騎乗のラルウアは信頼できるのか。

で、そのラルウアの乗り替わりをどうみるか。

この馬、一度だけ和田譲治騎手が騎乗したことがあるものの、それ以外はすべて文男さんが騎乗してきました。

横川騎手はラルウアの的場きゅう舎所属の騎手だけに、陣営や馬との意思疎通は問題ないでしょうが、レースでの騎乗経験はありませんから、ちょっと不安な要素ですね。

それとこの馬、逃げた時はたいてい連に絡んでいますが、逃げれなかった時の成績が良くありません。

すぐ隣の3番に、やはり逃げたいだろうサンダーマックスがいて、他にもハナを切りたい馬がいることを考えると、ちょっと不安な要素と言えますね。

ハイペース必至?

他にもハナを切りたい馬がいる、と言いましたが、ラルウアのほかにハナに行きたそうな馬は、

サンダーマックス

ビッグマロン

メモリーメンヒル

クルセイズスピリツ

オーサムロード

アヴァレソー

といったところでしょうか。けっこういると思いませんか?

これだけハナを切りたいだろう馬がいるということは、ハイペースは必至と見ていいでしょう。

スタートから激しい先行争いとなりそうな気配です。

前が崩れたところをまとめて差し切るのはこの馬!

となると、前が激しくやり合って直線を向いたときに、先行勢に大井の直線を乗り切れる余力があるのか、ということになりますね。

他にもハナを切りたいところまではいかなくても、先行脚質の馬が複数頭いますから、これは相当消耗するレースになりそうです。

こういうレースになったとき、台頭してくるのは差し・追い込み馬です。

すなわち、今回のメンバーで確実な差し・追い込みの脚がある馬が、必然的に本命になるのではないでしょうか。

というわけで、前走優駿スプリントトライアルで1番人気に推されながら3着に敗れたものの、後方から一気の脚で追い込んだ、

サンニコーラ

を本命に推したいと思います。

この馬、今、南関でサウスヴィグラスに迫る勢いで、ダービー馬も輩出したパイロの産駒ですし、鞍上は南関において驚異の勝率と連対率を誇る御神本騎手

激しくやり合う先行馬たちを尻目に、内側でじっと追走、直線で外に持ち出して一気に差し切る。そんな競馬を期待したいと思います。

馬券戦略は?

馬券戦略としては、サンニコーラの他、前走優駿スプリントトライアル2着で、短いところが合いそうなヴィブラビ、デビューから一貫して大井1200mを使われ続けており、このレースがメイチと思われるメモリーメンヒル、同じく大井1200m中心で使われてきて実績を挙げているビッグマロン、不安要素はあるものの力は侮れないラルウアの馬複5頭ボックス2.4.6.7.9で行きたいと思います。

展開予想が当たれば、この買い目で行けると思うんですがねぇ。