2019年5月2日 名古屋11R 駿蹄賞の予想

こんにちは。uskです。

前回のかきつばた記念の予想で、「平成最後の予想」になるかも、と言いましたが、5/2に行われる、名古屋の3歳重賞、駿蹄賞が面白そうなので、これを「平成最後の予想」にしたいと思います。

まあ、ただ「平成最後」が言いたいだけなので、あまり気にしないでください笑

スポンサーリンク

名古屋の3歳重賞・駿蹄賞

ということで、面白そうだなと思った駿蹄賞ですが、距離は1800m、出走は12頭です。

面白いポイントは三つ。

ひとつはエムエスクイーンが久々に出走すること。

東海地区の3歳クラシック路線の最有力馬。

目下9戦9勝の負けなし。

ですが、1月の梅桜賞以降、実戦から遠ざかっていました。

いよいよ主役登場といったところです。

もうひとつの見どころは、そのエムエスクイーンと未対戦の有力馬が登場すること。

その馬はサウスグラストップ。

前走笠松の重賞・新緑賞を後続に1.6秒差をつける圧勝。

こちらは順調に使われて今回の駿蹄賞に臨んできます。

エムエスクイーンとの対戦が楽しみですね。

そしてもうひとつ。

かつてエムエスクイーンに大差をつけられて敗れたものの、その後急激に力をつけて、重賞を連勝してきたアンタエウス。

前走は中央の毎日杯を使われてシンガリ負け。

まあ、これは度外視していいでしょう。

再度のエムエスクイーンとの対戦でリベンジなるでしょうか。

駿蹄賞 予想のポイント

そんなエムエスクイーンをめぐっての見どころが満載の駿蹄賞。

予想する上でのポイントを見ていきましょう。

ポイントはやはり名古屋1800mというコース形態をどう捉えるか、でしょうか。

2016年以降の名古屋1800mで行われたレースにおける馬番別成績を見てみると、

  勝率 連対率 複勝率
1 9.2% 25.3% 40.2%
2 15.9% 26.1% 40.9%
3 10.6% 28.2% 34.1%
4 10.3% 17.2% 20.7%
5 9.2% 14.9% 29.9%
6 12.9% 22.4% 41.2%
7 8.8% 25.0% 28.8%
8 4.1% 9.5% 17.6%
9 10.9% 20.3% 31.3%
10 11.1% 24.4% 42.2%
11 9.5% 14.3% 14.3%
12 38.5% 46.2% 53.8%

となっており、大外枠が異様に好成績。

ただ、外枠が全体的に良いかと言うと、そうでもなくて、傾向を掴みづらいコースです。

よく言えば、枠の内外で有利不利がないフェアなコースといったところでしょうか。

意外と差し・追い込みも健闘

一方、脚質別の名古屋1800mの成績を見てみると、

  勝率 連対率 複勝率
逃げ 32.0% 48.5% 59.8%
先行 12.5% 24.5% 37.5%
差し 5.9% 17.5% 29.7%
追込 6.3% 11.5% 17.3%

となっており、地方競馬特有の逃げ先行有利の状況は変わらないものの、意外と差し追込も台頭している印象。

また、騎手の成績を見てみると、2016年以降50鞍以上騎乗した騎手の勝率順は

  勝率 連対率 複勝率
岡部誠 23.4% 46.8% 57.4%
丸野勝虎 22.0% 38.0% 50.0%
戸部尚実 15.2% 21.7% 41.3%
宮下瞳 13.9% 19.4% 33.3%
東川公則 13.3% 20.0% 40.0%

となっています。

やはり岡部・丸野のツートップが強いですね。

マイナー種牡馬が活躍

それから名古屋1800mの種牡馬成績を見てみると

  勝率 連対率 複勝率
ディープスカイ 40.0% 50.0% 50.0%
シニスターミニスター 30.0% 30.0% 40.0%
ウォーターリーグ 27.3% 36.4% 45.5%
ハーツクライ 27.3% 54.5% 81.8%
ネオユニヴァース 21.4% 28.6% 42.9%

となっており、地方競馬全体のリーディングとは異なる様相。

1800mが非根幹距離、ということもあるのでしょうか。

いずれにせよ、あまり血統面を気にして印を打つ必要はなさそうです。

駿蹄賞の見解

それでは、名古屋の3歳重賞・駿蹄賞の予想です。

◎はサウスグラストップ

目下の充実ぶりを評価して本命に推します。

特に前走のパフォーマンスは圧巻。

久々のエムエスクイーン相手なら負かすこともできるでしょう。

鞍上は安定安心の岡部誠騎手。

鬼に金棒です。

○はエムエスクイーン

ここまでの勝ちタイムを見ても、この馬の非凡さはよくわかります。

なので、簡単には負けないと思います。

ただ、間隔が少し空いていることや、その間に力をつけた相手が強化されていることを考えると、磐石とは言えないのではないでしょうか。

そんなわけで対抗評価としました。

▲はアンタエウス

この馬の充実ぶりも目を見張るものがあります。

重賞の連勝は立派です。

ただ、エムエスクイーンに過去歯が立たなかったことを考えると、エムエスクイーンが休み明けの今回でも、逆転までは厳しいという評価。

前走、芝を使ったのも、あまりいいこととは思えないので、3番手としました。

むろん、上位2頭以外とは力の差があると思いますので、上位2頭以外に逆転されるとは思えないです。

これがホントに平成最後

というわけで、平成最後の予想となる駿蹄賞の予想をしました。

まあ、この3頭でかなり堅いと思います。

こういうガッチガチなレースを一点で仕留める、なんていう芸当がいつもできるようになりたいですね。

それでは、よい平成を〜♪

 

コメント