2019年5月1日 名古屋11R かきつばた記念の予想

こんにちは。uskです。

28日(日)、香港のシャティン競馬場で行われた、クイーンエリザベス2世カップ。

勝ったのは日本のウインブライトでした。

道中は内でジッとしていて、「なんか詰まりそうだな」と思ってみてたのですが、直線ではうまく前が空いたところを力強く抜け出しました。

ずっと松岡正海騎手が期待して乗って来た馬。

今年に入って本格化したと言われていましたが、香港でそれを証明した格好になりました。

中山専用機なんて言われていましたが、決してそんなことはなかったようですね。

心からおめでとうと言いたいです。

スポンサーリンク

令和初のダートグレードレース・かきつばた記念

さて、話を日本に戻して、5/1に行われるダートグレードレース・かきつばた記念を予想していきましょう。

記念すべき令和初となるダートグレードレースですね。

出走は12頭、名古屋の1400mでおこなわれます。

メンバーを見ると、中央馬が今ひとつパンチがある感じではないメンバー。

一方、地方馬はこの路線の一流馬。

地方馬にもワンチャンがありそうです。

名古屋1400mの特徴

さて、かきつばた記念の舞台・名古屋1400mですが、2016年以降のこのコースで行われたレースの馬番別成績を見てみると、

  勝率 連対率 複勝率
1 10.2% 21.5% 32.6%
2 11.2% 21.7% 33.1%
3 11.1% 21.4% 32.9%
4 11.8% 22.5% 33.4%
5 10.5% 21.7% 33.1%
6 10.5% 22.1% 33.8%
7 11.4% 23.1% 34.0%
8 12.6% 24.9% 35.8%
9 11.8% 23.4% 34.9%
10 11.5% 21.1% 30.8%
11 11.9% 23.8% 33.0%
12 13.2% 28.9% 36.8%

となっており、思ったよりも内外の有利不利がない印象です。

また、2016年以降に200鞍以上乗った騎手の勝率順を見てみると

    勝率 連対率 複勝率
1 岡部誠 26.1% 45.5% 58.0%
2 丸野勝虎 19.2% 33.2% 43.6%
3 戸部尚実 17.6% 32.6% 46.4%
4 今井貴大 17.0% 31.7% 47.2%
5 宇都英樹 14.7% 28.8% 43.9%

となっており、岡部誠騎手が驚異的な成績を残しています。

今回、地方馬の中で有力馬の一頭、キクノステラに騎乗する岡部誠騎手。

あっと言わせる好走を見せてもらいたいものです。

かきつばた記念の見解

それでは、令和最初のダートグレードレース・かきつばた記念の予想です。

◎はサクラレグナム

10歳馬になりましたが、馬齢を感じさせない活躍ぶり。

2走前の黒船賞は、地元の利はあったものの、中央馬に混ざって5着に健闘。

見せ場たっぷりの内容でした。

その後、地元の重賞・御厨人窟賞を快勝してこのレースに臨みます。

黒船賞の時よりも斤量が4キロも軽くなって52キロ。

これは有利ですね。

令和最初のダートグレードレースを10歳の地方馬が勝つ。

こんなシーンが見れたら最高ですね。

◯はヤマニンアンプリメ

前走黒船賞はダートグレードレース初挑戦にもかかわらず2着。

素質の高さを感じさせました。

今回はその時から斤量は変わらず54キロ。

高知ほどの癖はない名古屋の1400mならば、楽に走れるはずです。

▲はキクノステラ

上記のように名古屋の方が1400mは岡部誠騎手の「庭」と呼べるコース。

この馬の前走も岡部騎手とのコンビで名古屋1400mの東海桜花賞を制しています。

斤量も52キロと軽量。

年末の兵庫ゴールドトロフィーで中央馬と差のない競馬をしていますから、ここでも十分通用すると見ました。

△はエイシンバランサー

地方馬の割には斤量が56キロと見込まれました。

まあ、ダートグレードレースを勝っていますから仕方ないですね。

前走黒船賞は地方馬の中では最先着の4着。

力のあるところを見せてくれました。

斤量面でこの評価としましたが、能力的には逆転してもおかしくはありません。

平成最後?

ということで、かきつばた記念の予想でした。

ゴールデンウィークの地方競馬は重賞が目白押し。

まだまだ予想をアップしていきたいのですが、とりあえず今日アップするのはこの記事が最後になりそうです。

もしかすると、予想がまとまればもうひとつくらいいけるかもしれませんが、いったんこのかきつばた記念の予想を、「平成最後」の予想ということにしておきたいと思います。

コメント

  1. […] 2019年5月1日 名古屋11R かきつばた記念の予想こんにちは。uskです。28日(日)、香港のシャティン競馬場で行われた、クイーンエリザベス2世カップ。勝ったのは日本のウインブライトでした […]