2019/4/4 川崎11R 卯月オープンの予想

こんばんは。uskです。

関東地方は、ちょうど桜が見頃になってきました。

今週末がお花見のピークでしょうか。

週末には、中央競馬で桜花賞もありますね。

競馬シーズン到来といったところでしょうか。

スポンサーリンク

豪華メンバーの卯月オープン

さて、今日予想したいのは、木曜日の川崎メイン、卯月オープン。

距離は2100m。12頭の争いとなります。

レース情報 | 南関東4競馬場|nankankeiba.com

賞金が高いこともあり、かなりいいメンバーが揃ったように思います。

来週の大井・ブリリアントカップが超豪華メンバーになりそうですが、そこを嫌ってこっちに出てきた陣営がいそうです。

卯月オープン 予想のポイント

そんな豪華メンバーで争われる卯月オープン。

予想する上でのポイントになりそうなのは、やはり展開でしょうか。

メンバー中、唯一と言っていい逃げ馬のジャーニーマンが、最内枠を引きました。

これはジャーニーマン陣営にとっては願っても無いチャンス。

予想する側としても、展開予想が組み立てやすいですね。

二番手を追走しそうなのは、2枠2番を引いたクロスウインドでしょうか。

前に行く脚があるのはチャイヤプーンですが、今回は大外枠。

岩手の馬で、個人的に応援しているのですが、この枠はちょっと厳しい印象ですね。

あとは後方からレースを進める馬ばかり。

単純に、ごく単純に考えれば、ジャーニーマンにとって、この上なく有利な枠とメンバー構成に映りますが…。

卯月オープンの見解

それでは、川崎の卯月オープンの予想です。

◎はクロスウインド

内側に逃げるジャーニーマンがいて、スタート直後から番手を取りやすい枠順。

逃げるジャーニーマンを見ながら、道中、この馬のペースで走れる状況は整っていると思います。

直線まで前めで走れれば、あとは軽い斤量を活かし粘るのみ。

明らかにほかの馬のターゲットになりやすいジャーニーマンよりも、この馬の方がマークを受けないで済む分、楽にレースができると見ました。

距離もコースも同じロジータ記念を制しており、この馬にとって、一番力を発揮できる条件です。

◯はチャイヤプーン

能力的にはこの馬が一番だと断言します。

同じ距離、同じコースの戸塚記念を圧倒的なパフォーマンスで制しており、適性も十分。

これで大外でなければ、間違いなく◎を打つんですが…。

それでも森泰斗騎手の手腕があれば、みっともないレースはしないだろうと見て、対抗に推しました。

▲はジャーニーマン

どの角度から見ても、この馬にとってベストな条件が揃っています。

ただ、こういう時にこそワナがあります。

好事魔多し。

他の各馬のマークに遭いやすい状況でもあります。

うまく逃げれないと力を発揮できない馬でもあるだけに、ちょっと落とし穴がありそうだと見てこの評価にしました。

まあ、あっさり勝っちゃうかもしれませんが…。

△はアッキー

最軽量51キロ。

エンプレス杯5着の馬がこんなに軽量でいいんでしょうか。

伏兵感満載の馬です。

後ろから行く馬ですが、うまく直線で外に持ち出せれば、軽量を活かして突っ込んでくる可能性はあると思います。

川崎競馬 火曜日までの状況

ということで、卯月オープンを予想しました。

ところで、この記事を書いている4/2(火)までの川崎競馬の状況はどうでしょうか。

レースを見る限りだと、川崎名物・内枠天国は続いているように見受けられます。

直線では外に持ち出す騎手も多いですが、内で逃げた馬が止まらない印象。

この傾向が木曜日まで続けば、今回示した見解は、おおむね外れないとは思うんですが、果たしてどうでしょうか・・・。

他のブログの見解はこちらからどうぞ

 

コメント