2019/3/24 中京11R 高松宮記念の予想

こんばんは。uskです。

前回から、またブログの書きぶりを変えて、前置きを短くし、予想を端的に伝えるスタイルにしました。

さっそく、指摘をしてくれた方から、

uskさん、よかったよ、ブログ。読みやすくなった!

というお褒めの言葉をいただきました。

 

褒められると伸びるタイプのusk。

予想もズバッと当てていきたいと思います。

スポンサーリンク

人気馬に死角あり

たまには中央競馬の予想もしてみたいと思います。

スプリントGI・高松宮記念の予想です。

人気を集めているのは、前哨戦を制したダノンスマッシュとモズスーパーフレア。

ただ、この2頭、いずれも左回りでは結果を残していませんね。

不安要素ありと見ました。

高松宮記念の予想

◎はアレスバローズ

中京は[1.1.1.0]

1勝は重賞・CBC賞。

左回りは[2.1.2.2]と安定しています。

前走シルクロードSも勝ち馬から0.4秒差の5着なら内容は悪くありません。

好調・川田将雅騎手に導かれ、穴を開けるのはこの馬です。

○はレッツゴードンキ

高松宮記念2年連続2着。

前走もスマートオーディンまさかの鬼脚に敗れたものの、勝ちに等しい2着。

勝ちきれない弱みはあるものの、安定感はメンバー随一。

特に1200mは安定感抜群。

わかりやすい逃げ馬がいるだけに、番手につけやすく、展開も向きそう。

ラストランも近いと思われるだけに、結果を残したいところ。

▲はダノンスマッシュ

4歳になって、さらに充実度が増し、前走の内容から言っても本当は本命にふさわしい一頭。

ただ、左回りでの実績がないことと、鞍上のGI実績がないことが懸念点。

この2点をクリアできれば逆転もありうると見ます。

△はロジクライ

正直、スプリント戦は未知数。

ただ、その未知の領域に賭けてみたいです。

左回りでも実績を残していますし、前走1400mの阪急杯を見ても、1200mも対応できそう。

そして、今週から復帰のルメール騎手が指をくわえて黙っているとは思えません。

×はナックビーナス

昨年の3着馬だけに、中京実績は申し分なし。

GIでは厳しい戦いが続いているものの、安定した成績を残しており、馬券内なら大いにありうると見ました。

鞍上との相性もよさそうです。

難解な一戦

それにしても難解な一戦ですね。

伏兵が多数潜んでいそうな気配がプンプンします。

近走2桁着順が続いている馬でも、過去に重賞勝ちがあるとか、実績がある馬なら、警戒が必要だと思います。

 

 

コメント